こども竜王戦に186人 福知山城天守閣で頂上決戦

2019年08月27日 のニュース

 こども竜王戦福知山将棋大会が京都府福知山市で25日に開かれた。実力ごとに分けたA-Cクラスに総勢186人がエントリーし、トーナメントで白熱した対局を繰り広げた。最上位となるCクラスの優勝者は、こども竜王のタイトルを獲得するとともに、前年優勝者と福知山城で頂上決戦。昨年11月の竜王戦第4局と同じ場所で行い、対局の場面が再現された。

 大会は、羽生善治九段(当時竜王)と、広瀬章人竜王との竜王戦福知山城対局を契機とし、市民有志が立ち上げた「こども将棋教室福知山」が主催。将棋熱の盛り上げをめざし、市などが後援して開いた。

 主会場は昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館。初級のAクラスは小中学生が対象で、124人が2ブロックに分かれ、ブロック優勝を決定。中級のBクラスは、小中学生、高校生を対象とし、31人が参加して優勝者を決めた。

 小中学生と高校生が対象の上級・Cクラスには31人がエントリー。大人顔負けのレベルの高い対局を展開した。熱戦を繰り広げた結果、小沼悠理君(高槻市立芝谷中学校2年)が優勝。こども竜王のタイトルを獲得した。

 このあと小沼君は福知山城に移動。前年のこども竜王で修斉小学校6年、吉川遥翔君との頂上決戦に挑んだ。決戦の場所は、竜王戦第4局と同じ福知山城天守閣。立会人として、大橋一夫市長が初手を見守り、おやつも出されるなど、竜王戦を出来る限り忠実に再現した。

 袴姿で登場した前年王者の吉川君は、気合十分。「この日のために、夏休みをすべて練習に充ててきました。攻めの将棋をしたい」と意気込み、初手を打って対局がスタートした。

 しかし対局では無念の敗北。「精いっぱい頑張ったけれど、相手の方が上でした。負けた分だけ強くなれると思うので、これからも大会に出て力をつけたい」と話していた。

 頂上対決に勝利した小沼君は「初めに陣地を固め、一気に攻撃を集中して勝つことができました。全対局を通してミスもあったし、うまくいくこともありました。ミスは反省して、良かったところは今後も伸ばしたい」と振り返った。
 
 
写真=竜王戦第4局を再現し、城天守閣で行われた頂上決戦

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。