立秋の大江山 早くもススキに穂

2019年08月08日 のニュース

 きょう8日は立秋。暦の上では秋が訪れるころとされるが、全国的に猛暑が続く。そんな中、京都府福知山市大江町佛性寺、丹後天橋立大江山国定公園の大江山中腹では、早くもススキに穂が付き始めた。

 穂が付いたススキが見られるのは、鬼のモニュメント近くの多目的グラウンド周辺で、まだ穂の白い毛は目立っていないが、時折吹く風に穂を揺らす。

 グラウンド周辺は平地と比べて4、5度低く、日中でも比較的過ごしやすい。山では夏から秋へと季節の移り変わりを告げている。

 

写真=ススキに穂が付き始めた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。