最後の一瞬まで熱く 全国高校女子野球開幕

2019年07月26日 のニュース

 ひたむきな選手たちが全国から集まってきた。「女子だって野球がしたい!」。男子に負けない熱意を白球にぶつけてきた選手たち。練習の成果を見せる時が来た。第23回全国高校女子硬式野球選手権大会が26日、女子野球を支え、育ててきた兵庫県丹波市で開幕した。
 
 過去最多となる32チームが出場。市島町の市立スポーツピアいちじま(つかさグループいちじま球場)で堂々の入場行進をした。選手宣誓は京都両洋3年の小谷陽菜主将。「はつらつとしたプレーで、最後の一瞬まであきらめず、戦い抜くことを誓います」と、凛とした声を響かせた。
 
 試合はトーナメント戦。市立春日総合運動公園野球場(春日スタジアム)を併用しながら地域全体で盛り上げていく。順調に進めば8月2日午前10時から決勝戦を行う。
 
 近隣からは京都府福知山市の福知山成美が出場。大会2日目の27日午前8時30分(第1試合)から、つかさ球場で横浜隼人と対戦する。また、全国から個人参加で集まった選手27人で作る全国高校連合丹波は、26日第3試合で履正社(大阪市)とつかさ球場で戦う。
 
 丹波市、全国高校女子硬式野球連盟主催。大会実行委員会主管。両丹日日新聞社など後援。
 
 
写真=選手宣誓をする京都両洋の小谷主将(26日午前8時55分ごろ)

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。