高校野球京都:府立工と福知山が初戦惜敗

2019年07月13日 のニュース

 第101回全国高校野球選手権京都大会は7日目の12日、福知山勢の京都府立工業と福知山が初戦となる2回戦に挑み、両校とも接戦を繰り広げたが、あと一歩及ばず惜敗した。

 府立工は、あやべ球場の第2試合で東稜と対戦。一時逆転に成功したが、東稜の終盤の粘りに屈した。打線は3番大林が3安打1打点など、相手を上回る9安打を放ったが、3-4で敗れた。

■一時は逆転 府立工業■

府立工業

000010020=3

00100102x=4

東稜

 〇…1点を追う5回表、1死二塁から3番大林が右越え二塁打を放ち同点としたが、6回に勝ち越された。8回表には、1番余田の適時打などで2得点し、この試合で初めてリードしたが、その裏すぐに逆転を許してしまった。

■追い上げ届かず 福知山■

 福知山はわかさスタジアム京都の第1試合で、久御山と対戦。初回から小刻みに失点し、2-4で競り負けた。3番足立峻が3回裏と7回裏に長短適時打を放ち、追い上げたが、あと一歩届かなかった。

久御山

101010001=4

001000100=2

福知山

 〇…福知山は相手4番打者に、1回表と3回表、適時打を打たれた。3回裏には、2死満塁の好機に足立峻が内野安打で1点。その後2点差となり、7回裏に1点差と迫る粘りを見せたが、9回表に再び突き放され、及ばなかった。

 

写真=5回表、1死二塁から右越え二塁打を放つ3番大林(府立工-東稜)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。