きれいな流れです 上川口小4年生が牧川の水質調査

2019年07月07日 のニュース

 京都府福知山市野花、上川口小学校(松田昇司校長)の4年生が5日、近くを流れる由良川水系牧川の水質調査に取り組んだ。川の生き物を捕まえ、水のきれいな場所に住む生物かどうかをチェック。チラカゲロウ、サワガニなどを見つけ、きれいな水が流れていることを確認した。

 4年生14人は総合的な学習の時間で、地域の自然、環境問題について学んでいて、その一つとして行った。

 初めに、府中丹西土木事務所の職員から、川は大雨の水を安全に海に流したり、飲み水や農業用水のために使うこと、大雨に備えて堤防を強化したりしていることなどの説明を聴いた。

 続いて、府中丹西保健所の職員と一緒に水質を調査。くんできた川の水を薬品の入った筒で吸い上げ、5段階評価で最高の水質だということを確認した。

 川の中では「オタマジャクシや!」「なんか変なのがいる」など歓声を上げながら、ヒゲナガカワトビケラ、ヒラタドロムシといった生物を捕まえてトレイに集めた。

 衣川莉央さんは「川の生き物はちょっと気持ち悪いけれど、形が面白いです。3学期にサケの稚魚を育てて放流するので、きれいな川だと分かって良かったです」と笑顔を見せた。

 

写真=生き物の調査をする児童たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。