児童と保護者で最後のプール掃除 統合控えた金谷小

2019年06月18日 のニュース

 京都府福知山市猪野々の金谷小学校(赤井暁子校長、11人)の児童たちが15日、学校近くにある金谷地区プールの掃除をした。同校は来年4月に、野花の上川口小学校と統合が予定されており、これまでの感謝を込めてきれいにした。

 少ない全校児童数を補い、互いの交流を図るため、毎年保護者と協力してプール掃除をしており、今年は父母ら15人が協力。保護者と地区の人たちを対象にした同校のオープンスクールのあと行った。

 児童たちは水を抜いたプールにサンダルと体操服姿で入り、底にたまった汚れを箕ですくったり、モップでこするなどした。保護者らも児童と一緒に汚れを集め、プールサイドや更衣室などをきれいにした。

 途中で雨が降る悪天候となったが、負けずに最後まで力を合わせて掃除をやり切った。プール開きは20日を予定している。

 6年の細川拓海君は「プール開きが楽しみです。頑張ってきれいにしたい」と力を入れていた。

 

写真=掃除をする児童たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。