【由良川下流】セイゴ釣り好シーズン 数もそこそこ上がる

2021年06月24日

 京都府北部を流れる由良川の下流域や河口などで、セイゴ釣りがシーズンを迎えている。福知山市下荒河の丹後釣具店によると、数がそこそこ上がっているといい、13日には市内の男性が体長55センチを上げている。エサはアオイソメ。

 セイゴは出世魚の一つ。体長によって呼び名が変わり、府北部では60センチ以上をスズキ、それより小さいものはセイゴと呼んでいる。夏が旬の白身魚で、疑似餌に似たルアーでも狙え、力強い引きと相まって釣り人に人気がある。

 今期は5月に、宮津市の由良川河口で体長80センチが釣れている。このほか、舞鶴、宮津両市の沿岸に豆アジが回っているほか、砂場ではキスも釣れており、家族連れらが楽しんでいる。

 

週末の舞鶴湾の潮位

 

 【26日】満潮=4時38分(34センチ)、14時22分(46センチ)▽干潮=7時58分(32センチ)、22時31分(5センチ)

 【27日】満潮=5時30分(34センチ)、15時14分(45センチ)▽干潮=8時28(32センチ)、23時23(7センチ)

 

 

写真=13日に上がった体長55センチのセイゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。