【白杉】サビキでアジの数釣り 半日で100匹

2021年04月22日

 京都府舞鶴市の沿岸などに、体長15センチ前後の小アジがよく回っている。福知山市下荒河の丹後釣具店によると、舞鶴市白杉では14日に、半日ほどのサビキ釣りで100匹ほどが上がったという。

 このほか、産卵期のチヌも釣れており、磯など産卵場所があるようなところやそれに近い沿岸では、40センチから50センチまでの良型が狙える。初夏からがシーズンになるキスも、20センチほどが釣れ始めている。春が旬のメバルは釣れているもののサイズは小さい。

 同店は「水温が高い状態が続いているのか、小アジの群れは3月下旬ごろから回ってきているようで、最近はよく釣れています」という。

週末の舞鶴湾の潮位

 【24日】満潮=12時52分(12センチ)▽干潮=6時28分(マイナス6センチ)、18時42分(2センチ)
 【25日】満潮=0時7分(15センチ)、13時7分(14センチ)▽干潮=7時13分(マイナス5センチ)、19時26分(マイナス1センチ)

 
写真=舞鶴でアジが釣れている(資料写真)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。