【白杉】サゴシが釣れ始める 15センチ前後のアジも好調

2020年12月10日

 青空が広がった5日、何が釣れているかと、京都府舞鶴市白杉を訪れた。管理人室の女性に聞くと、「最近は体長15センチ前後の小アジ、体長30センチから50センチほどのサゴシが上がっています。11月の下旬には体長50センチのマダイも上がりました」という。

 湾内の堤防を回ると、多くの家族連れらがサビキ釣りを楽しんでいて、グレ、アジなどを上げていた。なかには「3時間ほどでクーラーボックスがいっぱいになりました」というグループもいた。

 先端の方ではサゴシ、チヌなどを狙う釣り人が竿を出し、舞鶴市内の男性(55)は「最近よく来ています。いつもはサゴシが5匹ほど上がるけど、きょうは1匹だけで今一つです」と話していた。

 サゴシは晩秋から春先にかけてが旬の魚で、サワラの幼魚のこと。白身魚だが、身はやや水っぽく、照り焼きやムニエル、西京焼きなどにする。ルアーで狙うことが多い。

週末の舞鶴湾の潮位

 【12日】満潮=12時54分(24センチ)、23時49分(28センチ)▽干潮=6時33分(4センチ)、18時30分(16センチ)

 【13日】満潮=14時4分(25センチ)▽干潮=7時25分(0センチ)、19時17分(18センチ)

写真=白杉で釣りを楽しむ人たち

Tweet
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。