「夢富士」や「白鳳」など、桃の産地山崎 生産者ら愛情込めて袋掛け

2022年05月31日 のニュース

 「山崎の桃」の産地として知られる京都府福知山市山崎地区の桃園で、病害虫による傷みを防ぐため、青い実を袋で包む「袋掛け」の作業が進められている。

 桃園は農家2軒で栽培している。広さは約1・5ヘクタールあり、「夢富士」や「白鳳」など5種類、約250本が植えられている。

 2軒で用意した袋は約5万枚。田辺忍さん(79)=大門=が管理する桃園では、25日から作業を始めた。女性2人の手を借りながら、ゴルフボール大に育った実に、丁寧に袋をかぶせる。

 4月に夜間の気温が低かったため、当初は実が大きくならず心配したが、5月に入って気温が上昇。徐々に大きくなってきた。

 田辺さんは「もうすぐ梅雨に入りますが、甘い実ができるよう、適度な雨と照りが交互に続くことを願っています」と期待する。

 袋掛けは6月3日ごろまで。収穫は7月20日ごろになる。

写真=丁寧に実に袋をかぶせる田辺さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。