雪かぶるヒカンザクラ 大寒の朝

2022年01月20日 のニュース

 一年で最も寒くなるとされる「大寒」の20日、日本列島の上空に強い寒気が流れ込み、京都府福知山市内でも朝から雪が降っている。

 丹波の萩寺として知られる中の養泉寺(一常宗玄住職)では、ヒカンザクラに雪が積もり、寒そうに咲いている。

 ヒカンザクラは駐車場そばの庭園などに計5本あり、庭園南側にある老木1本が今月10日ごろに開花。咲いているのは数輪だが、一常住職(67)は「まだ寒いのに、こんなに早くに咲くのは珍しい。本格的に咲き出すのは2月中ごろからと思います」と言う。

 京都地方気象台によると、府内では21日明け方にかけて大雪となり、同日午前6時までに予想される24時間降雪量は、北部の山地で35センチ、平地で25センチとなる見込みで、積雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要と呼びかけている。


写真
=雪が降る中で咲く養泉寺のヒカンザクラ(20日午前8時45分ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。