サツマイモに花30輪 アサガオのようなラッパ状

2021年09月05日 のニュース

 京都府福知山市平野町の湯浅哲行さん(74)が、戸田の畑で育てているサツマイモに、薄紫色でラッパ状の花が次々に咲いている。サツマイモ栽培は30年ほど前からしているが、開花したのは初めてという。

 湯浅さんはさまざまな野菜を栽培している。サツマイモを育てているのは畑の一画約30平方メートル。4月上旬に約150本の苗挿しをして世話を続けてきた。1週間ほど前の朝、初めて開花に気がついた。多くのつるにつぼみがたくさん付き、これまでに30輪以上が清らかな姿をみせている。

 毎日のように畑に通う湯浅さん。つぼみがまだ50個以上あり、どれだけ花数が増えるか楽しみにしている。「アサガオにとてもよく似ています。朝には咲いていますが、昼ごろにはしぼんでしまう。不思議ですね」と話す。

 府中丹西農業改良普及センターによると「サツマイモは短日性で、日照時間が短く、さらに気温が高くないと開花しない。今年は天候不順でこれらの条件が重なり咲いたのでしょう。沖縄や九州では開花を聞いたことがありますが、本州では珍しい」という。
 
 
写真=アサガオのようなサツマイモの花

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。