日本の棚田100選の大江町毛原で稲刈り 8月の長雨に負けず出来は上々

2021年09月01日 のニュース

 実りの季節を迎え、日本の棚田100選に選定されている京都府福知山市大江町毛原で、稲刈りが始まった。

 毛原地区は、急傾斜地に造られた大小の田約600枚、合計約8ヘクタールがある。今年は5月ごろにコシヒカリや酒米の五百万石などが植えられ、農家が丹精込めて栽培してきた。

 高橋泰雄さん(79)は今期、約20アールでコシヒカリを栽培し、31日から稲刈りを始めた。1日からの予定だったが、雨が降る天気予報だったため、早めたという。

 0・3アールほどの田では、泰雄さんがコンバインを操作し、妻のすみ枝さん(78)が、刈りやすいように部分的に稲を鎌で刈るなどした。40年以上夫婦で米作りをしており、息の合った動きで、手際よく刈っていった。

 米は、自宅で消費したり子どもたちに渡したりしている。休日などは子どもたちが来て草刈りや農作業などを手伝っている。

 今年の稲の生育は、8月に雨の日が多かったことなどからやや遅いというが、出来は上々。高橋さん夫婦は、無事に収穫できることを喜んでいた。

 この日は別の棚田でも稲刈りが行われ、農家が収穫作業に汗を流していた。


写真=棚田に実った稲を刈り取る高橋さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。