「トラノオ」サンスベリアに白い花咲いた 一般家庭では珍しく

2021年07月12日 のニュース

 京都府福知山市西佳屋野町の古賀俊彦さん(74)が、自宅で育てている観葉植物・サンスベリアに、白い花が咲いた。めったに花を付けないとされ、古賀さんは「まったくの素人で特になにもしていないので、びっくり」と驚いている。

 サンスベリアはアフリカ原産。葉の横じま模様がトラを連想されるため、「トラノオ」とも呼ばれる。古賀さんは5年ほど前、知人から株分けしてもらい、水やりなどをして育てていて、6月下旬から花が咲き始めた。

 市自然科学協力員会のメンバーで植物を専門とする京極春樹さんによると、沖縄県などの南国や温室で咲くことはあるが、一般家庭では冬越しして株が弱って開花まで行かず、今回のように咲くのは珍しいことだという。

 古賀さんは「最初は何だか分かりませんでしたが、花でした。花は2本に増えていて甘い樹液も出ている。多くの友人に聞いたが、みんなびっくりしていた。幸運の予感ですね」と話している。
 
 
写真=白い花を咲かせるサンスベリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。