自然豊かな元伊勢内宮神社 モリアオガエルが産卵

2021年05月11日 のニュース

 京都府福知山市大江町内宮、元伊勢内宮皇大神社(大林八十彦宮司)で、モリアオガエルの産卵が始まり、池の周囲に乳白色で泡状の卵塊ができている。

 卵塊があるのは境内の山裾にあるひょうたん形の池と、その近くにある丸い形の池で、毎年池周辺には、神社裏山に生息するモリアオガエルが産卵にやって来る。

 今年は1日に卵塊ができ始め、現在ひょうたん池には6個、丸池には3個が確認されている。大きさは直径10~15センチ。多い時には100個以上、昨年は約150個も見られた。

 普通は池の上に張り出した枝に産卵するが、今年は池の縁の石の部分にもある。

 同神社禰宜の田中眞澄さん(63)は「神社周囲には手付かずの自然が残っているので、今年もたくさんの卵塊ができるのでは」と話している。

写真=池の縁に作られた卵塊(8日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。