閉校した小学校のピアノ 幼稚園や中学校で活躍

2021年05月08日 のニュース

 京都府福知山市岡ノ一町の福知山幼稚園(由良恵美園長、74人)で、昨年3月末に閉校した旧佐賀小学校にあったグランドピアノが活用されている。遊戯室に設置され、園の発表会や音楽活動で使っており、良く響くピアノの音に合わせ、園児が元気いっぱいに体を動かしている。

 閉校した学校の備品は統合先で整理をしているが、余ったものは市が管理する教育関係施設を中心に活用している。グランドピアノは今年2月、同園に移した。遊戯室ではこれまで、グランドピアノより場所を取らないアップライトピアノを使っていたが、以前と比べて格段に音が響くようになったという。

 また、電子ピアノを使っていた3歳児クラスにアップライトピアノを置くことで、設備が充実した。

 5歳児のリズム遊びでは園児25人が先生の演奏に合わせ、転がったり、跳びはねたりしながら笑顔で楽しんだ。由良園長は「子どもたちが良い音に触れる機会になっています。大切に使っていきたいです」と話している。

 市内ではほかに、旧菟原小のピアノが日新中で、旧細見小のピアノが南陵中で活躍しており、旧中六小のピアノは芦田均記念館で大切にされている。
 
 
写真=ピアノの音に合わせて園児たちが体を動かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。