コウノトリ2羽、今年も来てくれた 田野山田の水田

2021年05月03日 のニュース

 京都府福知山市田野山田の谷筋の水田に、コウノトリが2羽飛来した。地元住民の門田勝則さん(61)が発見。「5年ほど前から毎年、この場所に来るようになっていたので、今年も見られてうれしい」と喜んでいる。

 門田さんは4月30日午前11時ごろ、管理する水田にコウノトリが飛んでくるのを確認。水田で餌を探して食べたり、羽を休めたりしていて、午後3時すぎからは近くの山の木にとどまっているという。

 兵庫県立コウノトリの郷公園によると、足環の情報から2羽は、2019年に徳島県鳴門市で生まれた雌と、20年に栃木県小山市で生まれた雄。担当者は「若いのでつがいではなく、仲良くしているのでしょう」と話している。

 
写真=田野山田の水田に飛来したコウノトリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。