80羽のサギが藪で子育て準備中 由良川の音無瀬橋上流

2021年04月26日 のニュース

 京都府福知山市内の由良川・音無瀬橋上流左岸にある雑木林・明智藪(蛇ケ端御藪)で、サギの仲間が集団営巣。木のてっぺんに巣を作り、子育ての準備に取り掛かっている。

 藪は由良川と支流の法川の合流点付近にあり、以前から多くの動植物が生息している。人が立ち入りにくい場所のため、サギたちにとっても格好の生息地となっている。

 藪にいるのはダイサギ、アオサギ、コサギなどで、80~90羽いるとみられる。アユを食べるカワウのすみかにもなっている。

 サギたちはヘビなどの外敵からひなを守るため、高い木のてっぺんに巣を作ることが多い。親鳥がせっせと小枝を集めて巣作り。以前作られた巣をそのまま利用したり、少し補強したりすることもあるという。

 産卵は3月下旬から始まっていて、早いものでは卵を産み、ひながかえっている例もある。

 府の緑の指導員で、野鳥やクマなどの保護活動をする森方徹さん(74)=堀=は「近辺では河川改修によって木が伐採されたことで、休憩場所がなくなったサギたちが明智藪に集まり、数が増えています」と話す。
 
 
写真=藪の上空を飛び交うサギ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。