水田に伸びる苗の列 報恩寺で田植え始まる-若手農家田中さん

2021年04月19日 のニュース

 京都府福知山市内で早くも田植えが始まった。報恩寺で合計13ヘクタールの水田を管理する農家、田中宏明さん(32)は、地区内でいち早く作業を進めている。

 田中さんは4年前から実家で米作りを始めた。高齢化などで担い手の無くなった水田を借りて、コシヒカリやもち米を生産。地域からも若手農家として期待を集める。

 市内では5月に入ってから田植えをするところが多いが、田中さんはたくさんの水田で田植えをすることもあって、例年、早くから作業を始めている。今年は17日から始めた。

 19日は午前8時ごろに作業開始。田植え機に乗り込み、慣れた動作で苗が真っすぐに並ぶように植えていった。管理する田んぼ全てで作業が終わるのは5月ごろで、「報恩寺は土壌が良いので米の質も良いです。おいしいものが出来るようにしたい」と話していた。
 
 
写真=田植え機で作業をする田中さん(19日午前8時35分ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。