学校の中庭で最後の演奏 中止のコンクールに代え 成和中吹奏楽部

2020年07月28日 のニュース

 京都府福知山市新庄、成和中学校で27日朝、吹奏楽部(足立澄華部長)が演奏を披露した。同部は新型コロナウイルスの影響で、出場予定だったコンクールが中止になり、1~3年生全部員での演奏の機会が無くなったため、発表の場が設けられた。部員たちは始業前の約15分間、同級生らにこれまでの練習の成果を存分に聞かせた。

 吹奏楽部は毎年、8月に開催される京都府吹奏楽コンクールに出場してきた。ところが、今年は新型コロナの感染拡大で、コンクールの中止が5月に決まり、部員たちに知らされた。

 3年生部員にとっては、コンクールが中学校の部活動での最後の大会だったことから、学校が全部員での演奏会の場をつくった。

 この日のために普段の部活動日や休日にも集まり練習。部員25人が中庭の渡り廊下に並び、演奏を披露した。ポップス曲の「ドラゴンナイト」「ワタリドリ」など3曲で、部員たちは息の合った音を周囲に響かせた。3年生部員にとっては、同級生らの前での演奏はこの日が最後となった。

 他の生徒たちは教室などで鑑賞。ソロ演奏もあり、部員たちの熱いステージを手拍子や拍手でたたえた。

 8月1日には、部員の保護者向けの演奏会を開く。足立部長(3年)は「コンクールが中止になったことを知った時は残念でしたが、最後に演奏の機会をつくってもらい、大変うれしかった。練習の成果が出せました」と喜んでいた。

写真=教室などにいる生徒たちに向かって演奏する吹奏楽部員たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。