マスク姿で蛍の光 京都府立高校、新型コロナ対策で式典短縮

2020年02月28日 のニュース

 京都府立高校の卒業式が28日に行われた。福知山市内の3校は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、時間短縮などの対策を取った中での実施となったが、全体で514人が門出を迎え、教職員や保護者らが祝福した。

石原の府立工業高校(大島浩樹校長)では第30回卒業式があり、180人が将来に向けて一歩を踏み出した。保護者らの拍手に迎えられて入場し、国歌、校歌を斉唱。クラス担任が一人ずつ名前を呼び、クラス代表が壇上で大島校長から卒業証書を受け取った。

式辞では、大島校長が授業や資格取得、部活動に励んだことをたたえて、「自分のやるべきことをやって、人に感謝される人間になってください」と伝えた。

このあと、在校生代表の送辞、卒業生の答辞、記念品授与などがあった。

普段の式典では、体調が悪い場合を除き、出来るだけマスクを外すように促しているが、今回は着用を認め、入場する卒業生の中にはマスク姿もあった。体育館入り口では保護者ら用にアルコール消毒液を用意した。

他の2校では福知山が254人、大江が80人の卒業生を送り出した。

また、正明寺の福知山淑徳高校でも卒業式があり148人が卒業した。


写真=マスク姿の卒業生も目立った(28日午前9時25分ごろ、工業高で)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。