WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年5月19日のニュース

京のブランド産品「万願寺甘とう」出荷期迎える

万願寺甘とう 実が大きく柔らかい「万願寺甘とう」(万願寺とうがらし)が出荷期を迎えた。京野菜で、京のブランド産品の認証を受け、「万願寺甘とう」の名前ではJA京都にのくに管内の農家だけが栽培。今年は京都府福知山市、舞鶴市、綾部市の422人が、約16・8ヘクタールで作付けしている。

 福知山市内では、165人の農家が栽培している。株式会社大門ファームの大門の拝野正美社長(76)は、ハウス3棟のうち1棟が今冬、雪害で壊れたが、残った2棟のうちの1棟で236本を丁寧に育てている。

 3月中旬に定植し、5月12日は5キロほど、17日には12キロほどを出荷した。今はより良く育つようにと、毎朝6時ごろから2時間ほどかけて、誘引や剪定などの作業に励んでいる。今年の出来は例年並みだという。

 出荷は11月末ごろまで続く。


写真=順調に育っている拝野さんの万願寺甘とう

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ