WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月27日のニュース

小学生がタケノコ掘り 地域の名産を収穫体験

タケノコを掘る児童 京都府福知山市私市、佐賀小学校(藤田久代校長)の5年生4人が25日、報恩寺の竹林でタケノコの収穫体験をした。初めての児童もいて、地元のタケノコ農家から手順を教わり、夢中になって掘り起こした。

 総合的な学習の一環。名産や産業を知ることで、地元に愛着を持てるようにと、毎年5年生が取り組んでいる。体験で学んだことは、秋の学校行事で発表する。

 今年は、タケノコ農家の四方敏弘さん(65)が所有する竹林で実施。5年生の四方えりかさんの祖父で、児童たちは、四方さんの助言を受けながら、トグワなどを使って収穫した。

 「大きいの取れたよ」「根っこがあって難しい」など会話も楽しみながら、せっせと手を動かし、大小さまざまなタケノコを掘り上げていた。

 取れた分はすべて、四方さんから児童にプレゼント。報恩寺産のタケノコは、柔らかくてえぐみが少ないと人気があり、荒井智香さんは「お父さん、お母さんが喜んでくれると思います。タケノコごはんにして食べたいです」と楽しみにしていた。

 収穫体験の前に、児童らは報恩寺の集荷場を見学。品質によって上、中、小に分ける様子などを見た。多い時で一日に2トンのタケノコが持ち込まれることなどを教わった。


写真=トグワでタケノコを掘り上げる児童

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ