WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月 6日のニュース

世界の喜多郎さんが演奏指導 淑徳高和太鼓

喜多郎さんと生徒たち 世界で活躍するシンセサイザー奏者の喜多郎さん(64)が5日、京都府福知山市正明寺の福知山淑徳高校を訪れ、和太鼓部(小石美優部長)に演奏の指導をした。市制施行80周年と市民憲章推進協議会設立25周年を記念し、今夏に開かれる喜多郎さんのコンサートで共演する予定になっており、一日中、熱のこもった練習をした。

 喜多郎さんは、1980年にテレビ番組「NHK特集シルクロード」の音楽を担当して脚光を浴びた。世界進出を果たし、これまでグラミー賞に16回ノミネートされている。

 今夏のコンサートで淑徳高校生は3曲を披露し、喜多郎さんの新曲で共演する予定。また、小中学生でつくる「子ども太鼓疾風」や観客らも交えたジョイントステージ「千人太鼓」もする予定という。

 指導を受けたのは和太鼓部の20人。部員たちが曲紹介をしながら、3曲を演奏し、喜多郎さんから講評を受けた。このあと、子ども太鼓疾風の10人と集まっていた関係者らも加わり、全員で千人太鼓の練習をし、音色を通じて一体感を味わった。

 新3年生の小石部長は「楽譜通りではなく、自由にたたくというのが新鮮でした。まだまだなのに、ほめて頂けて、うれしかった」と笑顔を見せていた。

 コンサートは、8月5日に中ノの市厚生会館で開かれる予定。


写真=演奏を楽しむ喜多郎さんと生徒たち

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ