WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月 3日のニュース

剣豪の身代わり伝説 峠の袈裟切り地蔵

袈裟切り地蔵 600枚の棚田が広がる京都府福知山市大江町毛原、元普甲道の峠に、変わった地蔵が鎮座している。首と胴体の部分に切れ目が入っていて「袈裟切り地蔵」と呼ばれ、古くから仇(あだ)討ちにまつわる話が残っている。

 地蔵は毛原と舞鶴市大俣を結ぶ「毛原峠」の頂上部分に鎮座。高さは約40センチで、祠が設けられている。

 言い伝えによると、安土桃山時代の剣豪、岩見重太郎が天橋立で親のあだ討ちを果たした帰り道に峠で追手と争った。その際に追手の刀が地蔵に当たり身代わりになって助かったとされる。

 また重太郎があだ討ちに行く前に、地蔵で試し切りをしたという説もある。

 
写真=剣豪岩見重太郎の身代わりになったと伝えられる地蔵

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ