WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月 3日のニュース

商店街の空き店舗活用事業第1号で焼肉居酒屋

空き店舗活用事業第1号の焼肉居酒屋 民間主導で京都府福知山市の駅正面通り活性化をめざす特定会社「福知山フロント株式会社」(本社・駅前町、秋山保彦社長)の空き店舗活用事業の飲食店第1号として、焼き肉を食べながら酒類が飲める居酒屋「駅北酒場 肉山田肉男」がこのほどオープンした。

 居酒屋を運営するのはアオヤケンチク(本社・旭が丘、青谷守社長)。場所は駅正面通りを駅側から入ってすぐで、小料理屋跡の鉄筋コンクリート造り3階建てを改装して2階までを店舗、3階を事務所にした。

 客席は1階に3〜4人掛けのテーブル席を6つ置き、2階は団体用(コース料理)で8人と16人の宴会場を設けた。

 肉メニューの目玉は米国産塊肉250グラムを使用する「モンスターステーキ」。焼き肉用のメインの肉は九州産黒毛和牛を使う。米、野菜は福知山産を中心にしている。

 福知山フロントの取り組みで近くに素泊まり短期滞在型の宿泊施設のゲストハウスがオープンしており、相乗効果を狙う。

 衣川智貴店長は「低価格でもおいしくて、毎日行ける『肉バル』のイメージです。周囲にもっと店が出来て多くの人でにぎわう駅前への先駆けになりたい」と気を引き締める。


写真=駅正面通り入り口そばでオープンした肉山田肉男

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ