WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月24日のニュース

輪中堤大きく進み79% 国交省福知山が報告

輪中堤 京都府北部を流れる一級河川・由良川の河川整備計画の進ちょく状況を点検する由良川流域懇談会が、福知山市昭和新町の京都府立中丹勤労者福祉会館で21日に開かれた。国土交通省福知山河川国道事務所が2014、15年度事業の実績を報告し、「下流部の輪中堤整備は2年で大きく進んでおり、他の河川整備も早期完了をめざしたい」とした。

 流域懇談会の委員は、河川工学、危機管理、農業水利、環境など各分野の有識者ら9人。座長に舞鶴工業高等専門学校名誉教授の川合茂さんを選任して議事に入った。

 計画は03年に策定し、その後の洪水被害を受けて事業前倒しや計画変更をしている。まずは23年ごろを目標に下天津、大江地域を含む下流部の輪中堤と宅地かさ上げ、川北、前田など中流部の連続堤防で大筋をつける。

 15年度末の事業進捗率は、下流部の輪中堤(延長約22キロ)が13年度末から34%進んで79%、宅地かさ上げ(約450戸)が12%進行して30%、中流部の連続堤防(延長約10キロ)が9%進行して29%となった。
0323yuragawa.jpg
 中流部の連続堤防の進捗率は14年度末から横ばいで、委員が「進捗率が変わらない理由もしっかりと説明しないと数字が独り歩きする」とただし、福知山事務所職員が「堤防の完成によって率に反映される。用地買収などは進めており、事業が停滞しているということではない」と答えた。

 同事務所は「いずれの事業も目標よりも早期完了をめざしたい」と話した。


写真上=由良川下流部、福知山市大江町南有路の輪中堤(2016年3月撮影)
写真下=由良川河川整備計画の進捗状況を点検した流域懇談会

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ