WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月21日のニュース

成美大短大部 最後の学生12人巣立つ

0321taidai.jpg 今月末で閉校となる京都府福知山市西小谷ケ丘、成美大学短期大学部(内山昭学長)の最後の卒業式が18日、土師のホテルロイヤルヒル福知山&スパで開かれた。式には卒業生12人(男性3人、女性9人)が臨み、閉校を惜しみながらそれぞれの道への一歩を踏み出した。

 1950年に、前身の山陰短期大学が設立され、56年に京都短期大学、2010年には成美大学短期大学部に改称した。12年には介護福祉専攻が廃止となり、食物栄養専攻のみになった。閉校に伴い、今年度は学生を募集せず、2年生1学年だけが授業を受けていた。

 式では、代表者への卒業証書授与に続いて内山学長の告辞があり、これまでの歴史をたどって説明し、「閉校にあたり、学長として大きな責任を痛感し、おわび申し上げます。短期大学部は卒業生の心の中で残り続けると思います」と語った。

 卒業生を代表して志賀麻由子さん(47)のお礼の言葉があった。栄養士になりたいという強い思いを持って入学した志賀さん。実習や学園祭などを振り返り、仲間と築いてきた絆を胸に、感謝の気持ちを述べた。

 あふれる涙をこらえながら、「充実した2年間でした。支えて頂いた周りの人に心からお礼申し上げます。最後の卒業生として学ぶことができたことに感謝し、将来に生かしていきたいと思います」と教職員らが見守る中で率直に思いを伝えた。

 卒業生から成美学園へパソコンやプリンターなどの記念品を贈呈した。


写真=教職員らが見守る中、感謝の気持ちを伝える志賀さん

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ