WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月13日のニュース

珍しい雨乞い「笹ばやし」 京都府文化財指定

0313sasabayasi.jpg 京都府教育委員会は、福知山市下六人部地区で毎年8月に行われる「笹ばやし」を、無形民俗文化財に指定した。

 9日に府文化財保護審議会答申を得て指定した。ほかに宇治市の上林春松家庭園や京都市の久昌院(本堂など4棟)など9件も指定した。

 笹ばやしは、多保市の天神社の祭礼で行われている雨乞い行事。寛文9年(1669)に百日間雨が降らず干ばつに見舞われた際、福知山藩主・朽木稙昌が命じて始まったとされている。
0313yatai.jpg
 8月16日の夜、集落内の立石から神社へ向かう道で、大人たちが樫の棒で井堰に見立てた柵を組み、子どもたちが水に浸した笹を振りながら駆け寄り、力いっぱい柵をたたいて崩し、駆け抜ける。これを5カ所で繰り返し、「堰が切れるほどの雨が降る」ことを表現していて、府内ではほかに例が無い。

 年ごとに趣向を凝らした造り物を載せた飾り屋台が、伊勢音頭をはやしながら巡行するのも習わし。多保市と長田北、長田南、長田段、上松、駒場新町の各区で保存会を作って守り伝えている。


写真上=子どもたちが激しく笹を振る(昨年8月16日撮影)
写真下=年ごとに趣向を凝らした屋台が巡行する(一昨年8月16日撮影)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ