WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月 8日のニュース

丹波の漆を海外にも 英訳冊子完成

英訳版 世界が息をのむ日本の漆芸。それを支える京都府無形民俗文化財「丹波の漆かき」を海外に紹介する英訳冊子ができた。記念の講演会が20日に漆の里、福知山市夜久野町で開かれる。

 冊子はNPO法人丹波漆(岡本嘉明理事長)が守り伝える丹波の漆かきを紹介するため、福知山市文化遺産活用実行委員会(井上正暉委員長)が文化庁事業の補助を受け、日本語版を一昨年に作成。これを今年英訳した。福知山産漆の海外展開を視野に、記録DVDの英語版を昨年作ったのに引き続いての取り組み。

 A4判で表紙、背表紙と本文6ページで漆の歴史、漆の木の分根・植栽の説明から、採取(漆かき)の道具・技法、採取後の精製、様々な漆芸と漆の活用例までを解説している。

 記念講演会は額田の市夜久野ふれあいプラザ研修室で午後0時30分から。

 初めに、英訳を担当した工藝素材研究所主宰の北川美穂・府立大学共同研究員が「漆を英語で説明するには」と題して講演。続いて福知山公立大学地域経営学部の平野真教授が「売れる産物へ−農産物・加工品の新たな可能性」と題して話す。

 無料。参加者全員に英訳冊子をプレゼントする。問い合わせは市やくの木と漆の館、電話0773(38)9226。


写真=丹波の漆かきを紹介した冊子と今年完成した英訳版

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ