WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月 6日のニュース

春風の市民駅伝 声援受け118チーム駆ける

一斉にスタートを切る第1走者 暖かな春の日が差した5日、福知山の恒例イベント「第24回市民駅伝大会」が、京都府福知山市猪崎の三段池公園内で開かれた。男子(混成含む)、女子の両部に計118チームが参加。どのチームも仲間のためにと持てる力を尽くして走り、たすきをつないだ。市、市教委、市体育協会主催、両丹日日新聞社特別協賛した。

 市内在住または在勤の社会人4人で構成する男子102チーム、女子16チームが出場。会社の同僚や家族、同級生、ジョギングクラブなど、さまざまな絆でつながったチームが集まった。

 多目的グラウンドをスタート、中継、フィニッシュとし、大はらっぱ芝生広場を周回するコース。第1走者は2・8キロ、それ以降の走者は2・4キロを駆ける4区間10キロで競った。

 中には、ジブリ映画やサンリオのキャラクター、マリオ、ミニオンなどに扮して走る人もいて、注目を集めていた。

 仲間や家族の応援に駆けつけた人たちは「頑張れ!」「ファイトー」と大きな声援を送り、励ましていた。

 男子の部(混声含む)は、初出場した陸上自衛隊福知山駐屯地でつくるチーム「サムゲタンズ」が優勝した。メンバーのうち1人が大好物という鍋料理からチーム名をつけて出場。「普段から体を鍛えており、コンディションも良く楽しく走れました」と笑顔を見せ、「来年も出場し、さらにタイムを縮めたい」と話していた。

 女子はチェリーズが14年以来、3年ぶりの優勝杯奪還となった。長年走っているというメンバーたち。これまで、荒れた天気が多かったが、今年は穏やかな気候の中で走れたことに感謝した。

 新メンバーで初の優勝を経験した藤村由香さんは「楽しく走ることができて良かったです」と笑顔を見せた。


写真一斉にスタートを切る第1走者

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ