あすの運勢

東洋易学学会 学長 吉田龍永先生のあすの運勢です。
ご自分の生まれ星がわからないときは、「あなたの生まれ星」の一覧をご覧下さい。

あなたの生まれ星

12日【先勝】

一白=◎自分のペースをつかめて大吉
二黒=○親切な心と態度で信頼集める
三碧=▲隙を見せると形勢が逆転する
四緑=○仲間と協力し合って安泰の日
五黄=△よそ見せず本業に専念すべき
六白=○ソフトな対応をして人気上昇
七赤=●体調不良の時は早めに休養を
八白=○異性のアドバイスが役に立つ
九紫=△妨害があっても我慢するよう

あなたの生まれ星

九紫火星 1919年
(大正8年)
1928年
(昭和3年)
1937年
(昭和12年)
1946年
(昭和21年)
1955年
(昭和30年)
1964年
(昭和39年)
1973年
(昭和48年)
1982年
(昭和57年)
1991年
(平成3年)
2000年
(平成12年)
2009年
(平成21年)
2018年
(平成30年)
八白土星 1920年
(大正9年)
1929年
(昭和4年)
1938年
(昭和13年)
1947年
(昭和22年)
1956年
(昭和31年)
1965年
(昭和40年)
1974年
(昭和49年)
1983年
(昭和58年)
1992年
(平成4年)
2001年
(平成13年)
2010年
(平成22年)
2019年
(平成31年)
七赤金星 1921年
(大正10年)
1930年
(昭和5年)
1939年
(昭和14年)
1948年
(昭和23年)
1957年
(昭和32年)
1966年
(昭和41年)
1975年
(昭和50年)
1984年
(昭和59年)
1993年
(平成5年)
2002年
(平成14年)
2011年
(平成23年)
2020年
(平成32年)
六白金星 1922年
(大正11年)
1931年
(昭和6年)
1940年
(昭和15年)
1949年
(昭和24年)
1958年
(昭和33年)
1967年
(昭和42年)
1976年
(昭和51年)
1985年
(昭和60年)
1994年
(平成6年)
2003年
(平成15年)
2012年
(平成24年)
2021年
(平成33年)
五黄土星 1923年
(大正12年)
1932年
(昭和7年)
1941年
(昭和16年)
1950年
(昭和25年)
1959年
(昭和34年)
1968年
(昭和43年)
1977年
(昭和52年)
1986年
(昭和61年)
1995年
(平成7年)
2004年
(平成16年)
2013年
(平成25年)
2022年
(平成34年)
四緑木星 1924年
(大正13年)
1933年
(昭和8年)
1942年
(昭和17年)
1951年
(昭和26年)
1960年
(昭和35年)
1969年
(昭和44年)
1978年
(昭和53年)
1987年
(昭和62年)
1996年
(平成8年)
2005年
(平成17年)
2014年
(平成26年)
2023年
(平成35年)
三碧木星 1925年
(大正14年)
1934年
(昭和9年)
1943年
(昭和18年)
1952年
(昭和27年)
1961年
(昭和36年)
1970年
(昭和45年)
1979年
(昭和54年)
1988年
(昭和63年)
1997年
(平成9年)
2006年
(平成18年)
2015年
(平成27年)
2024年
(平成36年)
二黒土星 1926年
(昭和元年)
1935年
(昭和10年)
1944年
(昭和19年)
1953年
(昭和28年)
1962年
(昭和37年)
1971年
(昭和46年)
1980年
(昭和55年)
1989年
(平成元年)
1998年
(平成10年)
2007年
(平成19年)
2016年
(平成28年)
2025年
(平成37年)
一白水星 1927年
(昭和2年)
1936年
(昭和11年)
1945年
(昭和20年)
1954年
(昭和29年)
1963年
(昭和38年)
1972年
(昭和47年)
1981年
(昭和56年)
1990年
(平成2年)
1999年
(平成11年)
2008年
(平成20年)
2017年
(平成29年)
2026年
(平成38年)

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

ニュース

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。