2001年度予算を見る 国土交通省福知山工事事務所
由良川築堤など促進 

 国土交通省近畿地方整備局福知山工事事務所は2001年度に実施予定の同事務所管内の事業概要をまとめ、発表した。事務所全体の当初予算額は前年に比べて6%増の119億700万円。由良川中下流部の築堤促進など河川関係は25億200万円、国道9号の福知山道路(岡地区)整備の用地買収など道路関係は94億500万円がそれぞれ組まれている。
駅南の国道9号
福知山道路も継続
 道路整備では、福知山市内の交通混雑緩和のために進めている福知山道路(長田野−新庄間5.8`)の整備で、駅南、緑ケ丘土地区画整理事業と調整しながら進めている岡地区の用地買収を促進する。
 老朽化している国道9号の夜久野トンネルオープン化に向けて前年に続いて用地買収を進める。
 このほか、住民参加型の道路の維持、管理の積極的な推進などを計画している。

安井で築堤用地買収着手
 河川整備で、由良川中流部の綾部と福知山間は、由良川流域で唯一平地の開けた地域で、市街地などを洪水から守るため、築堤方式の改修を基本に堤防を延ばしていく。福天地方では今年度、安井地先で用地買収に着手、観音寺地先で用地買収を引き続いて進める。堤防のない区間は、改修計画の調査検討をする。
 由良川下流部は、狭あいな地形的制約から、浸水の恐れがある宅地などを中心にかさ上げなどをする一方、市街地では築堤を進める。福天地方では今年度、大江町河東地区で築堤の用地買収を進め、堤防や樋門を整備する。
 このほか、河川の維持・修繕で堤防除草や護岸補修をするとともに、大江町尾藤川のゲート設備の新設や法川・荒河排水機場などの修繕工事を予算化している。
 

福知山地方のニュース満載両丹日日新聞