生き残り賭ける地方自治体 福天・綾2市3町の合併問題

(2)繰り返された合併

現在の市町の歴史は半世紀 戦後の法改正で急速に進む

 市町村合併は、戦後の昭和20年以降、30年代にかけて法律の改正を行って急速に進められた。市町村の数の変遷をみると−。


 明治22年4月に市制町村制が制定された。その結果、21年まで全国に7万1314あった町村は39の市と1万5820の町村の計1万5859に集約された。その後、大正11年には全国で91市と1242町、1万982村の計1万2315の市町村が存在していた。

福知山綾部市境
福知山綾部市境一帯。東西に由良川、南北に舞鶴自動車道が走る

 昭和20年10月では、市(205)と町(1797)、村(8518)の総数は1万520市町村。地方自治法施行の22年でもほぼ同数の1万505市町村だった。だが、町村合併促進法が施行された28年10月には、286市と1966町、7616村の計9868で市町村は1万を切った。


 31年には4月に新市町村建設促進法が施行され、9月に町村合併促進法が失効した。この時点で28年に比べて市は1・7倍余りの498に増加。一方、町は63減り1903で、村は8割の大幅減の1574となり、総数では3975で4年弱の間に市町村の数は5分の2になった。


福知山市は1町16村、綾部市は1町13村が一緒に
 中丹地域の現在の2市3町のそれぞれの行政域も、26年〜34年に固まった。ということは、現在の各市町の歴史は、たかだか半世紀程度のものということになる。


福知山
 明治22年の市制町村制施行で、天田郡には1町20村が誕生した。そのうち福知山町の広さは0.75平方km。その後、大正7年に福知山町と曽我井村が合併、昭和11年に雀部、庵我、下豊富の3村が編入され、12年4月の市制施行で福知山市となった。当時の人口は3万2600人、市域は町時代の82倍に広がった。


 24年に西中筋と下川口、上豊富の3村が編入、30年に上川口と金谷、三岳、金山、雲原、上・中・下の3六人部を合わせた8村が加わり、31年には分割された佐賀村の一部が編入された。この時、人口は6万4764人に達した。


 市域の広さ264・24平方kmの福知山市は、最終的には1町16村の合併、編入によって形成されている。


綾部
 明治22年の町村制施行で何鹿郡内は、綾部町と13村となった。郡内では、昭和24年の以久田村と小畑村の合併が最初。綾部市の市制施行は25年で、綾部町と中筋、吉美、西・東八田、山家、口上林の6村が合併してスタート。この時の人口は3万4452人で、市域は153・91平方kmだった。


 30年には24年に誕生した豊里と、物部、志賀郷、中・奥上林の5村が加わり、31年には分割された佐賀村の一部が編入された。当時の人口は、5万3235人(30年国勢調査)で、市域は347・11平方kmとなった。


大 江
 3町の中で最も早く誕生したのは加佐郡大江町で、昭和26年4月。大江町は、河守町と周辺の河守上、河西、河東、有路上、有路下の5村が合併して新しい町としてスタートした。当時の人口は1万1811人(25年国勢調査)で、町の広さは96・81平方km。

三 和
 天田郡三和町は、昭和30年3月、天田郡内の菟原と細見、川合の3村が合併し三和村に。翌31年4月から町制を施行。町域は90・53平方kmで、30年の人口は7672人。


夜久野
 同じ天田郡の夜久野町は、昭和31年9月に中夜久野村と下夜久野村の一部が合併して誕生。34年に上夜久野村が加わり、広さが100・99平方kmの町となった。このころの人口は8394人(35年国勢調査)だった。


WEB両丹世論調査」へ、みなさんのご意見をお寄せ下さい。
両丹日日新聞WEB両丹表紙へ