両丹日日新聞社タイトル きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト
タブメニュー
購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ

購読申込

両丹日日新聞トップページへ
ニュース
>> 最新のニュース
>> これまでのニュース
>> 訃 報
>> 連載・企画
情報
>> あすの運勢
>> イベント情報
>> 釣り情報
コミュニティ
>> 両丹ファンクラブ
>> リンク
>> 両丹用語集
>> お問い合わせ


個人情報保護について

姉妹紙「towntown」

姉妹紙「両丹経済」

 

 

 


新市の予算を見る(2)

連携し子どもの安全確保

 市内の防犯組織のネットワーク化を図っていく(写真はかしの木台自治会の青パト) 「家に帰ってくるまで安心できない」−。登下校中などの子どもを狙う犯罪が後を絶たず、保護者はこういった不安な気持ちを漏らす。そこで、学校、地域、警察などが一体となって全市的な体制で園児、児童、生徒の身の安全を守るため、春をめどに「福知山市子ども安全対策連絡協議会」(仮称)を立ち上げる。

 27小学校区にはボランティアの防犯組織があり、保護者や地域の人たちが通学路に立ち、不審者らに目を光らせている。それらの組織のネットワーク化を図り、犯罪情報を共有化したり、先進的な組織のノウハウを学んだりする。

 協議会発足後は、研修会や市民大会を開催する予定。さらに、啓発物品の配布などを行う。

 また、学校に対しても子どもたちの安全確保のための防犯グッズの購入や防犯教室の開催などに対して支援する。また旧町域の小学校と女子中学生らにも防犯ブザーを配布する。

 子どもの安心・安全対策事業には400万円余を予算化した。

児童増加の下六小に教室棟を増設

 学校関係では、公誠小・北陵中基本構想策定事業に200万円を付けている。1964年建設の公誠小、54年に建てた北陵中の全面改築に向けた基本構想を、地元のPTAを含めた委員会で決めていく。

 教室数が不足する上松の下六人部小学校の教室棟を増設する。児童数が増加しており、4月には全校児童が383人から418人と増える予定で、クラス数も15から16になる。建設するのは鉄筋コンクリート2階建てで延べ床面積は510平方b。教室1室、多目的教室3室の合計4室の建物を校舎棟北側に建てる。完成は来年1月末ごろ。当面はプレハブ校舎を建て、校舎棟の特別教室にある荷物をプレハブに移し、その特別教室を教室として使用する。

図書館基本計画策定へ

 福知山駅北口の東隣に建設予定の北近畿の都センター(仮称)には、新図書館が入る。そこで委員会を設置し、2カ年かけて図書館のサービス計画と建築計画を示す「図書館基本計画」を策定する。

 これに先立ち、「市立図書館のあり方を考える懇話会」が図書館基本構想をまとめた。基本計画ではこの構想を実現化していく。

 委員会は同基本計画のほか、「子ども読書活動推進計画」も策定。地域、家庭、学校で子どもの読書活動を推進させる方策などを盛り込む。

 武道館移転改築事業には2800万円の予算が組まれている。都市計画道路寺町岡篠尾線の惇明工区分の築造に伴うもので、移転先の地質調査や実施計画に必要な経費を計上した。移転先の候補地の一つとして三段池公園内を考えている。


写真:市内の防犯ネットワーク化を図っていく(かしの木台の青パト)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232


福知山のニュース両丹日日新聞