WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月 9日のニュース

バツイチ婚などを祝福 万助が新しい結婚式プラン

ドレスを無料で貸し出す 京都府福知山市篠尾新町のサンプラザ万助(植野由芙子社長)が、新しい結婚式プランを打ち出している。バツイチ婚、できちゃった婚を応援し祝福する「セレンディピティウェディング」。写真撮影と食事の手頃な価格帯で設定したプランで、万助が所有するドレスを無料で貸し出す特典がある。

 セレンディピティは「偶然や予想外の発見」を意味する。少子化が進む現代において多様化するライフスタイルを見据え、これまで後ろ向きに捉えられがちだったバツイチ婚、できちゃった婚をハレの日にして応援したいと企画した。

 すでに4組の成約があり、植野社長は「良い思い出づくりの機会になれたら」と話している。

 申し込み、問い合わせは万助、フリーダイヤル0120・189・688へ。


写真=万助所有のドレスを無料で貸し出す


大江の魅力を情報誌でPR 住民らが編集

地域情報誌「おおえのえのぐ」 京都府福知山市大江町の住民有志がこのほど、大江の魅力をPRする地域情報誌「おおえのえのぐ」を発行した。地元で活躍する人や地域のスポットを紹介。住民同士の絆を強めるきっかけになれば−と願っている。10日に町内に全戸配布する。今後は年3回程度の発行をめざす。

 地域づくりを進める住民を支援する府の嘱託職員「まちの公共員」の濱伸洋さん(43)=大江町北原=が、大江のことを知るきっかけをつくり、住民たちが助け合って暮らせる地域にしようと、情報誌の製作を計画。町内で編集スタッフを募り、昨春からメンバー9人で発行に向けての活動をスタートさせた。

 メンバーは30代から60代までの農家や教師、自営業者らさまざま。月1回集まって、情報誌作りを進めてきた。

 創刊号はB5判、14蓮0榮鞍稜篌屬膿料品などを売る男性の仕事ぶりを通じて、大江の買い物事情を知らせる欄や、地区の民生児童委員、市社協大江支所職員をインタビュー形式で紹介するコーナーもある。

 北原地区に残された昔話、大江に移住した人たちの日常を犬目線で語るページなどもある。

 製作にかかわる費用は府の予算をあてた。全部で2500部発行。市役所や大江支所、市立図書館大江分館などにも置く予定にしている。

 メンバーの岡野和樹さん(67)=同町金屋=は「人の笑顔がたくさん見られる冊子に仕上がりました。これからも出し続けていきたい」という。

 濱さんは「多くの人たちに読んでもらえるような楽しい紙面づくりを心掛けていきたい」と話している。


写真=出来上がった情報誌を満足そうに見る編集メンバーたち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ