WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月 8日のニュース

光秀ゆかりの地 大河ドラマに向けポスター

ポスター 福知山市を事務局に京都府内8市町と兵庫県2市、福井県1町などで組織する「大河ドラマ麒麟がくる推進協議会」は、2020年の明智光秀を主人公とした大河ドラマ放送に向け、ゆかりの地をPRするポスターを作った。協議会を構成する市町の各施設で掲示している。

 ポスターはB2サイズで、1700枚を作製。光秀の肖像画を中央に、娘の細川ガラシャ、夫の細川忠興、光秀の盟友である細川幽斎の肖像画も左右に配置。上部には麒麟のイラストも載せた。

 このほか大河ドラマのタイトル、ゆかりの市町、光秀が初代城主を務めた福知山城などの写真も掲載。「ようこそ−4人の生きたゆかりの地へ」の文字を入れてPRしている。


写真=大河ドラマ放送に向けて作ったポスター

新しい年に夢を持ち努力しよう 小中学校で始業式

新学期が始まった 京都府福知山市の市立小中学校と幼稚園で8日、一斉に始業式が行われた。各校、各園では子どもたちが顔をそろえ、元気いっぱいに3学期をスタートさせた。

 前田の雀部小学校(塩見俊樹校長、496人)では、体育館で始業式があった。塩見校長は新年のあいさつをしてから干支について話し、「イノシシには猪突猛進という言葉があります。みなさんも目標に向かって突き進んでください」と励ました。

 また、5月に元号が変わること、来年に東京オリンピックが開かれることも紹介。「新しい年に夢を持ち、それをかなえるために努力しましょう」と伝えた。

 このあと児童は、3学期に頑張ることなどを聴き、教室へ戻って書き初めなど冬休みの宿題を担任の先生に提出し、掃除をした。


写真=書き初めを持つ3年2組の児童たち(雀部小で、8日午前9時15分ごろ)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ