WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月 5日のニュース

弓道の修練誓い「初射会」 伝統作法大事に福知山協会

巻藁射礼 新春に弓道の修練を誓う恒例の「初射会」が、京都府福知山市和久市町の市弓道場で4日に開かれた。福知山市弓道協会(岩城美文会長)の会員22人が袴(はかま)姿でそろい、一層の上達を願って今年初めて弓を引いた。

 最初に、岩城会長(68)が「新たな気持ちで平成最後の年を過ごしてほしい。それぞれの目標があると思うので、昇段昇格に向けて頑張ってもらいたい」とあいさつし気を引き締めた。

 昨年の年間表彰があったあと、伝統の作法にのっとって弓の儀式を行った。岩城会長が約3メートル先の巻藁に向けて射る「巻藁射礼」をし、小原修副会長(62)が射初めとなる「矢渡し」をした。

 1月例会も兼ねており、午後からは10射の競射をした。


写真=巻藁射礼をする岩城会長

大根、白菜、七草がゆセットも 福知山卸売市場で初競り

初競り 京都府福知山市厚中問屋町、市公設地方卸売市場で5日朝、新年恒例の初競りがあり、場内に競り人や買受人の威勢の良い掛け声が響いた。

 午前6時25分ごろからセレモニーが始まり、市場を開設する福知山市の桐村正典産業政策部長が「近年、取扱高は年間7億円前後を確保しているものの、高齢化に伴う出荷農家や買受人の減少など、市場を取り巻く環境は大変厳しい」と述べ、「学校給食への野菜導入拡大をはじめとする地産地消の取り組みを軸に、市場機能の維持、充実を図り、現状打破の糸口をつかみたい」とあいさつした。

 続いて市場の卸売業者、福知山合同青果の稲場勝取締役部長(44)が「今年も従業員一同、市場の活性化をめざし、猪突猛進の勢いで頑張りたい」と決意を述べた。

 このあと競りが始まった。大根やハクサイ、キクナ、七草がゆセットなどが並び、約20人の買受人が品定めをしたあと、次々と競り落としていった。

 西中ノ町(アオイ通り)で青果店を営む山中敏弘さん(76)は「大根やカブラなどの白物野菜がよくとれているのか、価格が安いですね」と話していた。


写真=買受人たちが次々と新鮮な野菜を競り落としていった(5日午前6時35分ごろ)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ