WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月 4日のニュース

ゴーヤ先生と枚方・みっけが初詣 ファンと御霊神社へ

ゴーヤ先生とみっけ みどりのカーテンの普及をめざして活動する京都府福知山市の市みどりの親善大使、福知山環境会議のマスコットキャラクター・ゴーヤ先生が3日、中ノの御霊神社で初詣をした。親しい大阪府枚方市樟葉宮表参道商店会のキャラ・みっけも訪れて、ファンたちに囲まれながら幸せな1年になるよう願い、手を合わせた。

 初詣は7年目。ゴーヤ先生は、東京、愛知など遠方からもやってきたファン約20人と新年のあいさつを交わしてから、みっけとともに鳥居をくぐった。

 この日のゴーヤ先生は、昨年にファンからもらった手作りの羽織に袖を通し、みっけも晴れ着仕様で登場。本殿前で二拝二拍手一拝をして、「世界中のみなさんが幸せに暮らせますように」などの願いごとを唱えた。

 このあと一行は、福知山市内の飲食店でファンとのミーティングをして、楽しい新年のひと時を過ごした。


写真=ファン手作りの羽織をまとったゴーヤ先生とみっけが初詣

新時代へ前進の年に 仕事始め式で福知山市長

訓示する大橋市長 京都府福知山市の仕事始め式が4日、市役所隣のハピネスふくちやま4階市民ホールで開かれた。訓示で大橋一夫市長は「本年は新時代福知山へ前進の年」とし、市職員らの奮起に期待した。

 市民憲章朗読と市歌斉唱に続き、大橋市長が訓示。7月豪雨や台風の襲来などで、甚大な被害を受けた昨年を振り返り、「今年は災害のない平穏な1年になることを願う」としながらも、危機意識を持った対応の必要性についても伝えた。

 また「昨年は挑戦の年でもあった」とし、産業支援センターの開設、自治基本条例の施行、子育て総合相談窓口の設置などを挙げ、「それぞれの事業目的を確認し、年度末に向けて課題を明らかにしたうえで、より市民生活が向上する取り組みを」と呼びかけた。

 さらに、17年度決算で経常収支比率が97・7%となり、7年連続で悪化するなど厳しい財政状況にあることも触れ、「事業費の削減や廃止などをする場合、考え方などを理解いただけるよう、正面から市民と向き合って、丁寧な説明を行ってほしい」と語りかけた。

 また市の魅力発信について、「今年は全日本シニアソフトテニス選手権大会、来年は福知山ゆかりの明智光秀を主人公とした大河ドラマの放送があり、全国高校総体ソフトテニス競技が開催される。オール福知山でPRし、まちづくりにつなげていかなかればならない」と気を引き締めた。


写真=部課長らを前に訓示する大橋市長(4日午前9時35分ごろ)

神々しい光景に歓声 烏ケ岳で初日の出

初日の出に見入る 初日の出を拝もうと、親名山10選に選ばれている京都府福知山市の烏ケ岳(標高536メートル)山頂に1日早朝、約80人が登った。広がる雲海をご来光が染める幻想的で神々しい光景に、訪れた家族連れらが見入った。

 前日までに降った雪の影響もあり、参拝者たちは1時間30分ほどかけて登頂。山頂には約50センチの積雪があった。午前7時10分ごろ、朝陽が昇ると「きれい」「ありがたい」と歓声が上がり、スマホで撮影したり手を合わせたりしていた。

 また山頂では、市内の有志でつくるボランティア団体「烏ケ岳ライジングサン実行委員会」(植村勇輝代表)が、今年の干支にちなんだ猪汁を無料で振る舞い、多くの人の体を温めた。

 植村代表(31)は「ライジングサンは今年で7年目ですが、ここまではっきりと雲海と初日の出が見えるのは初めてです。前日までの雪で足元の状況が悪く、不安要素が多かったですが、神々しいご来光が見られて感動しました。また猪汁も行列ができて大盛況でした」と喜んでいた。


写真=初日の出に見入る登山者

光秀に討たれた「猪崎どん」 川北で守られる城主の墓

山道の横にひっそり 明智光秀の大河ドラマ開始まで1年。ゆかりの地としてわく京都府福知山市だが、烏ケ岳の南のふもと、川北の集落奥には、討たれた側の猪崎城主・塩見姓の墓が残っている。「猪崎どんの墓」として地域に伝わっており、地元の塩見省悟さん(75)が手入れ、掃除をして大切に守り続けている。

 郷土史研究会の福知山史談会(芦田精一会長)によると、戦国時代の猪崎城は橘城という名前で、明智光秀に攻められて城主が川北まで落ち延び、現在の墓がある辺りで討ち取られたという。

 明智勢に追い詰められた城主は岩陰に隠れ、携えていた「長船の名刀」を口封じとして村人に与えた。しかし、光秀の家来の林半四郎が追手として村を訪れ、鬼気迫る様子で村人に落ち武者の行方を尋ね、脅された村人が城主の隠れる大砂利の岩場を教えてしまった。
0101hakaa.jpg
 城主は岩場に駆け付けた半四郎と一戦を交えるが、奮闘むなしく討たれた。一説によればこの時、城主は四尺七寸(約155センチ)の小兵ながら、面体は鬼人のごとく、両眼は太陽や月が輝いているような風ぼうで、手槍を振り回して戦ったという。

 その後、城主が倒れた場所に高さ約60センチの無銘の墓が建てられた。そばには、桜の古木があったが、村人の裏切りにあった猪崎城主の霊が浮かばれなかったためか、その木は高く伸びなかったという言い伝えも残る。

■砂防工事で水没案じ移設し建て替え■
0101hakab.jpg
 省悟さんは、猪崎城主に連なる塩見株で、最初に塩見姓を名乗った先祖から数えて14代目になるという。墓の手入れは、市内へUターンしてきた1999年から取り組んでいる。

 墓の周りに散らかる落ち葉や雑草を取り除いたり、墓へ続く道の草刈りなどをする。「最近は木が生い茂り、草刈りが楽になりました。倒木があった時にはチェーンソーで木を切って処理したこともありますよ」と笑う。

 現在、省悟さんが手入れをしている墓は、父親の時代に建て替えたもの。1963年に、もともと墓があった場所一帯に大砂利川砂防えん堤が作られることになり、水没を案じた省悟さんの父親らが20メートルほど離れた現在の高い場所に建て替えた。
0101hakad.jpg
 省悟さん宅にこの時の工事の写真が残っており、塩見株の住民たちが墓に上る階段を整備する姿、完成した新しい墓の様子などが写されている。

 新しい墓には、城主が討ち取られたとされる日付「天正八年八月廿日」と「塩見大膳播磨守家利之墓」や、「菴(庵)我庄井(猪)崎城主」の文字が刻まれている。由緒を書いた立て看板もあったというが、今は無い。

 代々、川北の塩見株の人たちで手入れをしてきたが、今は省悟さんを含めて3人だけになった。墓参りは全員でするが、高齢化の影響などから、掃除や手入れは省悟さんだけで続けているという。

 「祖父や父親の時代には、数人で掃除をしていて、子どもだった私も何度かついて行ったことを覚えています」と懐かしむ。「祖父、父親と手入れをしてきたので、それに倣ってやっています。元気なうちは続けていきます。川北に残る塩見株の本家として責任を果たしたい」と話す。

 猪崎城主の名は、川北の墓には「塩見大膳播磨守家利」と刻まれているが、猪崎の塩見株に残る家系図では猪崎城主が塩見利勝となっており、家利と利勝が同一人物か、親子なのかといった詳細は明らかになっていない。

 猪崎には塩見株が20軒ほど残っており、各地に散った子孫らが集まる株講の時などに墓参りをしている。

 そのうちの一人、塩見勝行さん(68)は「猪崎の醍醐寺に先祖代々の墓があり、川北の墓の御霊もそちらへ移しています。でも、猪崎城主の最期の場所ということもあり、川北の墓にもお参りをしています」という。

 省悟さんとは友人同士で、「墓を大切にしてもらい、ありがたい気持ちです。いつもお世話になっています」と感謝する。


写真1=山道の横にひっそりとたたずんでいる
写真2=「塩見大膳播磨守家利」と銘が入った川北の墓
写真3=昔の写真を説明をする省悟さん
写真4=川北の塩見株の人が工事をする様子


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ