WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月 1日のニュース

ミワウリ名コンビ今も 福知山市動物園(上)

ロデオ 亥(い)年が始まった。イノシシといえば、「ミワ・ウリ」コンビとして一躍有名になったニホンザルのミワとイノシシのウリボウ。京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市動物園(二本松俊邦園長)で2010年から飼育され、仲睦まじい姿がテレビなどで紹介され、広く知られるようになった。2匹は現在、ともに8歳。今も同じおりの中で一緒に暮らし、名コンビぶりを見せている。

 2匹は生まれてからの境遇が同じだった。それぞれ10年5月に誕生したが、生後間もなく親と離ればなれになり、保護されて6月に園へやって来た。ミワは当初、親がいないことを不安がり、ないてばかりいた。

園では20年ほど前、ミワと同じように親とはぐれたニホンザルの子どもをミニブタに近付けたところ、仲良くなったことがあった。この時の経験を生かし、ミワとウリボウの寝床を一緒にすると、最初はウリボウの方が嫌がっていたが、すぐに親密な関係を築き始めた。
0101miwaurid.jpg
 ミワはウリボウを母親同然に慕い、そばを離れなかった。このころ2匹は1日に数回園内を散歩していて、移動の際にミワがウリボウの背中に乗ってしがみつく姿が見られるようになった。

 二本松園長(73)は「2匹がやってきた時、特にミワは不安でおびえていました。唯一、ウリボウの背中が、落ち着ける場所だったのかもしれません」と当時を振り返る。

 カウボーイが荒馬を乗りこなすロデオのような2匹の姿は、「赤ちゃんザルがウリボウの背中に馬乗り」と8月の両丹日日新聞で報じると新聞やテレビで次々に報道され、一躍有名に。地元だけでなく、全国から多くの人たちが押し寄せた。

 園では決まった時間に2匹のロデオを公開するようになり、その姿を一目見ようと来園者が殺到し、園内に入りきれずに、時間制限をしたこともあった。

 2匹は次第に体が大きくなり、危なくなってきたため、11年4月で園内散歩のロデオは最後とし、すぐにおりの中での飼育に切り替えられた。


写真=有名になった2匹のロデオ姿(2010年12月、市動物園撮影)
写真=動物園にやって来たころのミワ(2010年6月、市動物園撮影)

ミワウリ名コンビ今も 福知山市動物園(下)

ミワウリコンビ  その後、ミワだけは園内散歩を続け、ミニブタに乗ったり、シロテテナガザルの福ちゃんらにくっついたりしていた。夜はウリボウのいるおりで、これまで通り寝た。

 次第にミワの昼間の行動範囲が広まってきたことから、12年春に、散歩をやめ、完全におりの中の生活になると、ウリボウとさらに強い絆を結ぶようになった。

 2匹のおりは、園の出入り口近くに設置。四六時中一緒に生活するようになって、初めのころはミワがウリボウの背中によく乗り、一心同体の姿を見せていた。

 ウリボウは性格がおとなしく、おりの中でゆっくりと歩き回るなど、のんびりと暮らしている。人にも慣れていて、来園者を見つけると、えさがもらえると思い、近付いてくる。

 また水浴びが好きで、飼育員がホースで水を体にかけてやると大喜びで、地面にたまった水たまりに寝そべり、気持ち良さそうに体をこする。
0101miwaurie.jpg
 ミワはおりの中に入ると、最初は不安そうで、ウリボウにくっついてばかりいたが、そのうち中の生活にも慣れ、歩き回れるスペースを覚え、興味津々で、外の世界を観察するようになった。来園者と目が合うと、威嚇するような行動を見せるなど、「やんちゃ」ぶりも発揮していった。

 食事の時間は一日2回で、おりの中の2カ所にえさを置く。2匹はそれぞれ分かれて食べるが、ミワはえさの中で特に果物が大好き。自分の分を食べたあと、ウリボウの分まで奪いに来る。ミワが略奪している間、ウリボウはえさの場所から離れて遠慮しているという。

 ロデオ姿もウリボウにしがみつくようにしていたのが、3年前からは背中の上に座り、「お山の大将」の気分で、おりの中で主導権を握っている。

■根強い人気 遠方から通う人たちも■

 昔からのファンで、今でもリピーターとして2匹に会いに来る人たちが多く、成長ぶりを見守り続けている。

 滋賀県大津市の清水隆司さん(44)は、8年前から妻・博美さん(44)とともに市動物園に通う。「最初のころはウリボウのほうが強かったですが、現在は立場が変わりミワのほうが幅をきかせています。2匹は今でもかわいく、今のまま仲良く暮らしてほしい。これからもずっと見守りたい」と話している。

 2匹の年齢は、人間でいうとウリボウが40歳くらいで、ミワは20歳代前半という。飼育の状態だとイノシシは15〜20年、ニホンザルは30年ほど生きるとされる。

 二本松園長は「2匹とも人間が手をかけて育てているため、人を恐れなくなってしまい、ごちそうにも慣れてしまったので、野生では絶対に生きてはいけません」という。

 「2匹は互いに空気みたいな存在と感じ、違和感なく暮らしているようです。これからも長く元気で仲良く生活していってほしい」と願っている。


写真=大きくなったウリボウ。ミワと一緒にえさを食べる(18年11月)
写真=子どものころのウリボウ。体に縦模様の体毛が目立つ(10年7月・市動物園撮影)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ