WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年12月 5日のニュース

瓢亭14代当主に教わる老舗の「だし」 雀部小で和食の授業

 京都府福知山市前田の雀部小学校(塩見俊樹校長)で4日、だしを味わう和食の体験授業があった。5年生が対象で、日本料理の老舗・瓢亭=京都市左京区=の高橋英一当主(79)から、ひと手間かけた料理のうまさを学んだ。

 日新ブロックの各小中学校では、食育の一環として和食を味わう取り組みを進めている。今回は、雀部小の児童86人と私市の佐賀小学校5年生7人が参加。保護者も訪れ見学した。

 瓢亭は約400年の歴史を持ち、ミシュランガイドで10年連続三ツ星の評価を得る名店。高橋さんは14代目当主で、授業ではひと手間かける家庭料理を推奨。「日本料理で一番大事なのはだしです。特徴は昆布のグルタミン酸とカツオ節などのイノシン酸のうまみ。1足す1が2ではなく、7にも8にもなる」と説明した。

 続いて、8升の水に利尻昆布300グラム、マグロ節350グラムを使う瓢亭のだしを調理。昆布を水に入れて1時間ほど65度から70度の火にかけることや、昆布を引き上げたあとマグロ節を入れて20分ほど置いておくことなど、ポイントを伝えた。

 出来上がっただしは、鶏団子とホウレンソウの吸い物にしてみんなで試食。児童らは「おいしい」などと声をあげて笑顔を見せた。

 雀部小の大槻果音さんは「だしがとってもおいしくてびっくりしました。料理は楽しくすることが大事というのが印象に残っています。教わったことを家でやってみたい」と話していた。


写真=利尻昆布を手にだしについて説明する瓢亭の高橋さん(左)。子どもたちも興味津々

ハンナリーズ公式戦に合わせバスを増発 三段池公園

 プロバスケットボールBリーグ・京都ハンナリーズの公式戦が8、9両日、福知山市内で開催される。これに合わせて日本交通は両日限定の臨時ダイヤを組んでバスを増発する。

 三段池公園行きは通常、福知山駅前を午前9時発(日本交通)と午前11時15分発(庵我バス)があるが、臨時で午前10時50分と正午、午後1時の3便を増やす。

 また福知山駅前行きは三段池公園を通常、午前10時40分発と午後4時発(ともに庵我バス)と午後4時30分発(日本交通)があるが、午後5時発を増便する。

 運賃は1乗車につき大人200円、子ども100円。問い合わせは日本交通福知山営業所、電話(22)4111へ。

 試合はホームゲームで、いずれも秋田ノーザンハピネッツ(秋田県)と対戦。午後2時5分に試合が始まる。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ