WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年11月 8日のニュース

工事現場でICT活用 国交省と三丹開発

ICT 京都府福知山市戸田地区で7日、ICT(情報通信技術)を活用した工事現場の見学説明会が開かれた。府、市などの工事発注者や、府立福知山高等技術専門校の訓練生が対象で、参加者らが最新技術を使った重機による工事について学んだ。

 国土交通省近畿地方整備局福知山河川国道事務所と、奥野部の総合建設業、三丹開発株式会社(塩見渉社長)の主催。国交省は、高齢化や担い手不足が心配される工事現場の生産性向上をめざし、ICT技術の導入を推進している。

 見学会は新技術への理解などが目的で、市内では初めて催した。国交省から受注した三丹開発が、工事を進める由良川の戸田地区上流築堤工事作業現場で行った。

 参加者らは、工事で使われている3次元設計データを搭載したブルドーザー、バックホー(ショベルカー)、震動ローラー、測量に用いるドローンなどを見学。

 オペレーターは乗るが、重機自体が、搭載された設計データを人工衛星からの情報と照らし合わせ、工事面をまっすぐにするように調整して作業する。「こうした技術を活用することで、効率よく的確に作業ができる」「熟練者でなくても工事がしやすくなる」などの説明を聴いた。実際に簡単な操縦体験もした。

 バックホーの作業を体験した高技専ものづくり基礎科の坂根貴大さん(19)は「楽に作業ができそう。データに基づいているので機械の動きが制御されて、失敗なく作業ができそうです」と話していた。


写真=ICTを用いた重機の説明を聴く参加者たち

淑徳高「肉茶がバーガー」が頂点に 「うまいもん甲子園」

うまいもん甲子園 農林水産省などが主催する「第7回ご当地! 絶品うまいもん甲子園」で、京都府福知山市正明寺にある福知山淑徳高校のチームが優勝した。肉じゃがと中丹茶を使ったライスバーガーで挑み、エントリーした全国352チームの頂点に立った。高校生最大の料理コンテストでの優勝に、「ぶつかり合ったこともあったけれど、半年かけて頑張ってきてよかった」と快挙を喜んでいる。

 淑徳高チームは、調理系列2年の吉田大樹君と木下葉月さん、1年の谷口秀一君の3人。

 うまいもん甲子園は「ご当地食材を生かした地元の看板メニュー開発」のテーマに沿い、高校生3人以内のチームで、オリジナルレシピを考えるコンテスト。同校のチームが、決勝に進んだのは初めてだった。

 決勝には、近畿、中国四国、関東甲信越、九州など、各ブロックの選抜大会で優勝した7チームと、インターネットでの応援投票で選ばれた1チームを加えた8チームが進出。調理とプレゼンテーションがあり、調理は味や独創性、完成度、プレゼンは表現力などで採点し、優勝、準優勝チームなどを決めた。

 同大会で優勝経験がある学校など、強豪がひしめく中で、淑徳高チームは近畿ブロックの選抜大会を勝ち上がっての出場。決勝は2日に東京都で行われた。

 2年生の2人が舞鶴市出身ということもあり、舞鶴が発祥地とされる肉じゃがを使い、地元の中丹茶を融合させた「肉茶がバーガー」で、選抜大会と同じく勝負した。

肉茶がバーガー

 バンズは、ごはんとすりつぶしたジャガイモ、粉末状にした中丹茶を混ぜて油で焼き、みそソースを塗った。これに水菜とニンジンの和え物、肉じゃが、ホウレンソウのごま和えを挟み、和食の基本である「一汁三菜」を表現した。

 米と一緒に炊いたジャガイモが、必要以上に粘りが出てしまうアクシデントに見舞われたが、臨機応変に対応して乗り切り、納得できるバーガーに仕上げることができた。プレゼンも「大きな声が出せて、過去最高の出来だった」という。

 優勝チームが発表され、吉川貴盛・農林水産大臣から表彰状を受け取った瞬間を振り返り、3人は「夢じゃないかと思った」と笑顔。「今後は肉茶がバーガーを、地元の道の駅で販売するなど、みなさんに食べてもらえる機会ができればうれしい」と話している。


写真上=うまいもん甲子園で優勝した谷口君、木下さん、吉田君(左から)
写真下=3人が考案した「肉茶がバーガー」


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ