WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年11月 4日のニュース

施設の維持管理にネーミングライツ 第一弾は福知山球場

福知山球場 京都府福知山市は、市が所有する施設に愛称の命名権を与える代わりに、その対価を支払ってもらうネーミングライツパートナーシップ制度を導入する。第一弾は和久市町の福知山球場。今後も三段池公園のテニスコートなど、スポーツ・文化施設を対象に募集する。

 市によると、府北部にある自治体での制度導入は初めて。命名権料は、施設の維持管理や機能向上に役立てるといい、財政状況が厳しいなかで、新たな財源確保策として期待している。

 福知山球場は1949年に開設。広さ約1万2千平方メートル、両翼は91メートル。磁気反転式スコアボード、場内放送などの設備を備え、観客席は2076席ある。高校野球秋季大会の府1次予選、学童と社会人野球の大会など、幅広く利用されている。昨年度1年間の利用率は40・77%だった。

 命名権の付与期間は2019年4月からの5年間で、命名権料は年額100万円以上。愛称の一部に福知山(表記方法不問)を使い、野球場と分かることなどを条件にする。愛称は市の広報紙、ホームページなどで使用されるほか、場内に愛称に関する看板も設置できる。

 12月4日まで募集し、企業が提案する命名権料や愛称、所在地などを総合的に考慮し、庁内の審査会で決定する。

 問い合わせは市文化・スポーツ振興課、電話0773(24)7069へ。


写真=ネーミングライツ制度を導入する福知山球場

唯一のスーパーが水害で閉店 市に支援をと署名活動

 京都府福知山市大江町で唯一のスーパーマーケットが、7月豪雨で浸水被害に遭い、閉店してからもうすぐ4カ月になる。店が閉まってから、住民たちの多くは福知山市街地や舞鶴市内などに買い物に行っている。車に乗らない人や高齢者たちにとっては深刻な問題となっていることから、町内の有志で会をつくり、スーパーの早期再開に向けた署名活動を始めている。集まった署名は大橋一夫市長に渡すことにしている。

 スーパーは旧町時代の1985年に、同町河守新町の国道175号沿いで開業。長年地域の人たちの食生活を支えてきた。

 店がある場所は由良川に近く、町内でも低いところで、これまで何度も水害に遭った。7月豪雨では由良川に注ぐ小河川の氾濫などで、深さ約1・7メートルまで浸水した。

 スーパーを運営していた会社では、被災したあとも店舗の再開に向けて取り組んできたが、復旧には多大な費用がかかるうえ、再開してもまた浸水被害に遭う可能性があるため、同じ場所での再開を断念した。

 町内の人や大江町に隣接する舞鶴市方面に住む人たちにとって、なくてはならない店舗で、車を使えない近隣のお年寄りたちには特に重宝がられていた。

 「気軽に行けるスーパーが無くなって困る」「何とか再開してほしい」との住民たちの切実な声を受け、10月19日に有志46人が呼びかけ人となり「再開を願う会」をつくって、24日から署名活動を始めた。

■10月末までに1700人分■

 署名は10月31日までに約1700人分が集まったことから、いったんまとめて福知山市に持っていき、スーパー誘致に対する支援を要請する。また市への持参の前に、スーパーにも集まった署名を見せ、店を早期に再開してもらうよう求めていく。

 呼びかけ人の一人、讃岐加代子さん(78)は「私は車に乗れないので、少しの物を買うのにも大変便利でした。閉店されてからは本当に不便です。これだけの署名が集まったのは、多くの困っておられる方の切実な声の表れで、小さな店でもいいので作ってほしい」と願っている。


写真=署名は1700人分が集まった


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ