拝殿前で最後の演舞 京都府福知山市牧の一宮神社で秋祭りが7日にあり、地区住民有志が長年続けてきた祭礼行事での、伝統の獅子舞が見納めとなった。担い手の高齢化と後継者不足による苦渋の決断ながら、最後まで全力の舞いで観衆を沸かせた。



戻る