WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年10月 9日のニュース

後継者無く獅子舞見納め 牧一宮神社で

拝殿前で最後の演舞 京都府福知山市牧の一宮神社で秋祭りが7日にあり、地区住民有志が長年続けてきた祭礼行事での、伝統の獅子舞が見納めとなった。担い手の高齢化と後継者不足による苦渋の決断ながら、最後まで全力の舞いで観衆を沸かせた。

 獅子舞は江戸時代に始まったとされ、いったん途絶えたが、創建800年祭の1993年に当時の若者たちが機運を高めて復活。太鼓や笛などの囃子に合わせて舞う5人一組の独自の形を作って続けてきた。

 昔の秋祭りは神輿が地区外の氏子集落にも練り歩いて活気を届けていたが、近年は地区内だけの巡行になっている。そこで「獅子舞を神輿の代わりに」と、神社境内で舞った後に氏子集落を回り、多くの人に親しまれてきた。

 今年で最後ということで、例年以上の観客があった。継続を望む声もかけられたが、担い手は現在60歳から63歳の6人。踏んばり、うねるように動く獅子舞の動きは体への負担が大きく、後継者探しも難航し、終演を決めた。

 氏子集落を回り終え、暗くなった夜の境内に戻り、拝殿前で正真正銘最後の舞い。見守った自治会役員らと一緒に三本締めをして幕を下ろした。

 復活来のメンバーの一人でもある獅子舞代表の松井一郎さん(63)は「最後ということで多くの方に歓迎してもらえてありがたかった」と笑顔を見せた。


写真=氏子集落を回り終え、暗くなった拝殿前で最後の演舞

福知山鉄道館は「公設民営」で−検討委 移転先3候補

ポッポランド1号館 京都府福知山市で3月末に休館した「福知山鉄道館ポッポランド1号館」について、市が設ける「あり方検討委員会」(杉岡秀紀委員長、10人)は、4回目の会合を福知山市駅前町の市民交流プラザで5日に開いた。存続させる方向で論議を進めており、会合では運営主体は従来と変わらず「公設民営」とし、下新町からの移転検討先として、市の3施設を挙げた。12月に市に提言する予定。

 会合は11月下旬までに合計6回開くことにしており、大詰めを迎えた。前回の会合のあと、検討を進めるうえでの参考にと、9月中旬に委員5人らで「民設民営」の加悦SL広場=与謝郡与謝野町=を視察した。

 視察の報告で杉岡委員長は、加悦SL広場を運営する宮津海陸運輸株式会社は、SL広場だけでは採算が取れず、他の事業(港湾運送など)で得た収益で社会貢献的な思いも込めてやりくりしているが、福知山ではランニングコストなどを考慮すると「公設民営」しか方法はないと考えているとした。

 移転検討先としては、初期投資、観光、駐車場の確保などの面から、市児童科学館、市丹波生活衣館、市勤労青少年ホームの意見がすでに挙がっている。10月下旬に、SLと転車台を置く福知山駅南口公園や、北丹鉄道の本社跡の西駅公園も見学し、施設関係者らとも協議のうえで、他の場所も含めて候補地選定を進めることにした。

 前回協議した事項をもとに、新たな事業として、高架後の福知山駅付近ジオラマ模型の製作▽鉄道マンの話が聞けるビデオライブラリー設置▽鉄道ファンがコレクションを展示できるレンタルスペースの設置▽子ども向けの制服を着られるコスプレコーナー▽授乳室、おむつ交換スペース設置−などを盛り込むことを確認した。

 ただ、これらを実現するには資金確保や収益性を念頭に置く必要があり、次回の11月上旬の5回目の会合で論議を深めて素案をまとめ、同月の中旬から下旬に最後の会合を開き、提言書を作成することにしている。


写真=大きなSL動輪や鉄道写真などが展示されていたポッポランド1号館(今年2月撮影)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ