WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年10月 6日のニュース

愛知の酒店社員が福知山で大吟醸の原料稲刈り

酒米「祝」を稲木にかける 愛知県、三重県など中部地方を中心に酒類卸販売チェーン店「酒ゃビック」109店を展開する藤桂京伊(本社愛知県稲沢市)の社員らが、京都府福知山市牧の農業生産法人味歩里(牧晴喜社長)を訪れ、京都産酒米「祝」の収穫体験をした。

 酒ゃビックと月桂冠(本社京都市伏見区)が、祝を使ってオリジナル大吟醸酒を共同開発した縁で、米の産地を訪ねて見識を広めたいと、5月下旬に田植え体験。4日に再訪してたわわに実った稲と向き合った。

 月桂冠中部営業部中部第1支店のアシスタントマネージャー・近藤祥二さんの案内で、藤桂京伊の引率者や酒ゃビックで働く20〜30代の若手社員8人が来訪。牧社長に教わり、手刈りと稲木干しをした。

 腰を低くして鎌を動かす動作に汗をかき、稲木にかけるため、わらで稲を束ねるのにも苦労しながら、一つひとつの作業を丁寧にこなした。

 現場は360度緑が広がる田園風景。藤桂京伊総務人事課の辻原公平さんは「どういったところで作られているのか、農家さんの苦労も知ることで品質管理など商品を取り扱う意識改革につなげたい」と話していた。

 牧社長も「現地を見て、体験して、知ってもらうことは生産者としてうれしい」と取り組みを歓迎していた。


写真=収穫した酒米「祝」を稲木にかける酒ゃビックの社員

秋の味覚・大粒の「丹波くり」そろう 福知山でまつり

1升ますでの量り売り 京のブランド産品「丹波くり」の魅力を発信する第48回福知山地方丹波くりまつり(実行委員会主催)が6日、京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市武道館で開かれた。栗の量り売りや加工品の販売などがあり、秋の味覚を求め、たくさんの人たちが詰め掛けた。

 福知山をはじめ府内と兵庫県にまたがる丹波地域で栽培される丹波くりは、大粒、まろやかな味が特徴で人気が高い。

 まつりは毎年恒例の丹波くりの即売には開始前から多くの人たちが列をつくり、1升ますでの量り売りや箱入りを購入していた。

 前日に南丹市で開かれた広域品評会に、福知山、綾部両市から出品された31点もまつり会場に箱入りで並べて販売され、人気を集めた。

 このほか福知山市女性農業士会による栗おこわ、栗ぜんざいの販売や栗つかみ、いが投げゲームなどがあり、にぎわいを見せた。

 実行委会長で、福知山地方丹波くり振興会の足立勝之会長(77)は「今年は7月豪雨や台風、猛暑の影響で不作の年になりましたが、まつりには、悪条件の中、丹精込めて育てた栗を出していただき、よかった」と話していた。


写真=一升ますでの量り売りにもたくさんの人の列ができた


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ