WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年10月 2日のニュース

台風24号:ゴーという音 避難後に裏山崩れる

土砂崩れで全壊した物置 台風24号による福知山市の被害の様子が分かってきた。三和町大身では、民家の裏山が幅約5メートルにわたって崩れ、木造2階建ての物置が土砂で押しつぶされて全壊した。隣の母屋も、1階部分に土砂が流れ込むなどしたが、住民にけがはなかった。

 この家屋は60代と50代の夫婦2人暮らし。当時は2人とも在宅していた。夫妻によると、30日午後10時ごろに雨が強まり、不安を感じて窓越しに外を見ていたところ、「ゴーッ」という大きな音がしたという。

 「これは、ただごとじゃない」と、身の危険を感じた2人は、すぐに近くの消防詰め所に逃げ込み、このあと避難所の大身集落センターに移動。外は暗く被害状況の確認もできなかったため、不安な夜を過ごした。

 翌朝様子を見に戻ると、物置小屋に土砂が流入して1階部分がつぶれ、駐車していた軽自動車と軽トラック、トラクターが下敷きに。家屋も山側のキッチンや風呂場が、土砂で押し出され、家全体が傾いていた。

 「35年前の台風でも、裏山が崩れて土砂が流れ込んだのですが、その際に裏山の水はけを良くする工事をしてもらったので、少し安心していました。もっと早く逃げるべきだった」と振り返る。

 2人は当面、菟原中の市営住宅に移ることが決まった。「家は大きな被害を受けましたが、本当に命が助かって良かった。後ろを向いても仕方がないので、心機一転で前を見て生活したい」と話している。


写真=裏山の土砂崩れで全壊した物置(三和町大身)

アジアパラ大会に出場 大槻浩二さん陸上2種目で

やり投げの練習に励む大槻さん インドネシアで10月6日に開幕するアジアパラ競技大会陸上競技に、京都府福知山市野花の投てき選手・大槻浩二さん(56)=京都TFC所属=が、日本代表として、初めて出場する。種目はやり投げと砲丸投げで、クラス分けは、車いすを常用するが腕は自由に使えるなどのF55。

 大槻さんは39歳の時、病気が原因で下半身不随となり、車いす生活となった。その後、水泳の日本トップ選手として活躍していたが、シニアの部に入る45歳で「若い子たちと戦いたい」と心機一転、陸上の投てき種目に挑戦し始めた。

 良き指導者との出会いや握力の強さなどが功を奏し、競技歴1年ほどで砲丸投げと円盤投げの日本記録(当時)を樹立。そこから何度も日本記録を更新したが、50歳のころ伸び悩んだ。そんな時、気晴らしにと始めたやり投げが自身に合致した。
0929para.jpg
 約半年後には、やり投げで日本新記録を出し、投てき3種目の日本記録保持者(当時)となった。2017年の大分パラ陸上で出したやり投げの26メートル64は、現在も破られておらず、この年の世界ランキング9位、アジアランキング1位となり日本代表に選ばれた。

 「投げる時、自分の体を腕で引き寄せて起こすことや、腕だけでなく胸から投げることを心がける」として、「大会の目標は置いていないが、自分で自分に勝つことだけを考えて自己記録を更新したい。それで結果がついてきたら、なお良し」とメダル獲得に向けて、気合を入れる。

 アジアパラ競技大会の陸上競技は、本大会のメインスタジアムとなっているジャカルタのゲロラ・ブン・カルノスタジアムなどで行われる。大槻さんの砲丸投げは10月11日、やり投げは同12日にある。


写真上=やり投げの練習に励む大槻さん
写真下
=「自分に勝ち自己記録更新を」と意気込む大槻さん

ホテルをイメージしたショールーム 積水ハウス近畿西支店

積水ハウス近畿西支店 住宅メーカーの積水ハウスが京都府福知山市厚東町で構える近畿西支店(生水誠通支店長)が、建て替え工事を終えてこのほど新装オープンした。これまで事務所のイメージが強かった建物は、ホテルのような高級感を感じられるように刷新。「一層のおもてなしに努め、お客様に楽しく来てもらえる場所にしたい」と意気込む。

 福知山支店として1986年に開設。京都府北部、兵庫県中北部と広域の営業エリアを持つ現状に合わせて、昨年現在の支店名に変えた。

 旧支店は築32年で老朽化していた。ショールームが別フロアに分かれているなどの課題があり、機能性を高めつつ、最新のニーズに応えられるように建て替えた。

 新支店は延べ床面積が約870平方メートルの軽量鉄骨造2階建て。1階に事務所、2階にこれまでの3倍ほどの広さになる約430平方メートルのショールームを置いた。ショールームには、壁紙、カーテン、耐震に優れた外壁など建築材料のサンプル、モデルキッチンなどがある。

 ショールームが入っていた既存の事務所棟(重量鉄骨造3階建て)も全面改修し、カスタマーセンターなどを集約した。


写真=新装オープンした積水ハウス近畿西支店


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ