中央省庁の障害者雇用率の水増しが相次いで発覚するなか、京都府福知山市の渡辺尚生・市長公室長は「市役所の障害者雇用率の算定は、障害者手帳を持っている人のみをカウントしており、水増し行為は一切ない」と市議会本会議で答え、不正がないことを強調。府内自治体で一番の率にとの意気込みを示した。



戻る