WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月13日のニュース

ソフトテニス全日本社会人女子で準優勝 松井・吉崎組

松井・吉崎ペア 静岡県で開催された第46回全日本社会人ソフトテニス選手権大会に京都府代表で出場した福知山市ソフトテニス協会の社会人チーム・B−JOKERに所属する松井あかね(44)・吉崎香奈絵(38)ペアが、女子ダブルスの35歳以上45歳未満クラスで準優勝した。

 日本ソフトテニス連盟が主催する大会で、8、9両日に開催。各都府県の代表が出場し、トーナメント戦で優勝を争った。試合は7ゲームマッチ。松井・吉崎ペアは、前回大会で8強入りしたことから今大会のシード権を獲得。2回戦から登場した。

 順調に勝ち上がり、準決勝は千葉県のペアと接戦を繰り広げた。2−3のマッチポイントを取られた状態から、3本連続でしのいで逆転勝利を決めた。2人は「諦めずに最後までやり切ることができた」と振り返る。決勝戦は東京都のペアの勢いに押されて2−4で敗れた。

 2人は20代のころ、府内の実業団の選手として活躍。これまでに、松井選手は同選手権一般女子で8強に、吉崎選手は同選手権成年女子で優勝したことがある。その2人がペアを組んだのは昨年からで、大会前になると週1、2回の練習で腕に磨きをかける。

 「いつもサポートしてくれている家族に感謝しかない」と口をそろえ、「準優勝は悔しい。決勝戦では気が抜けたところがあったので、後悔があり課題も見つかった。次は頂点をめざしてがんばりたい」と意気込む。


写真=全日本社会人で準優勝した松井・吉崎(右)ペア

大河ドラマの経済効果持続へ観光誘客セミナー 光秀ゆかりの福知山

大阪観光大学観光学研究所所長の中村忠司さん 戦国武将・明智光秀の大河ドラマが決定したことを受け、京都府福知山市西小谷ケ丘、福知山公立大学市民学習・キャリア支援センターは、駅前町の市民交流プラザで観光をテーマにした「第1回地域創生セミナー」をこのほど開いた。講師が大河ドラマを契機とした観光誘客について話し、経済効果を持続するために必要なことなどを力説した。

 講師を務めたのは、大阪観光大学観光学部教授で同大学観光学研究所所長の中村忠司さん。「大河ドラマは、日本のコンテンツツーリズム(文学や映画をテーマにした観光事業)の目玉になる」とし、観光客が増え、高い経済効果をもたらすと切り出した。

 2010年の坂本龍馬を主役とした「龍馬伝」から、現在放送中の西郷隆盛の生涯を描く「西郷どん」までの経済効果を説明し、「行きたいと思ったら、人は距離や時間を気にせず来る。大事なのはコンテンツ。どれだけ面白いことができるかということ」と中身の重要性を伝えた。

 集客を単年度効果で終わらせないためには、「団体だけでなく一般客の確保▽ゆかりの地としてのイメージの定着▽府と市の役割の明確化などが必要なのではないか」と持論を展開した。

 また、昨年の「おんな城主 直虎」では、静岡県浜松市で誘客を継続するための取り組みが進められていたことを説明し、浜松市は啓発事業として図書館全館での井伊直虎コーナーの設置、市民向けの講演会の開催などをし、市民は地元の観光ガイドを務めるなどして、まちをあげて尽力した過程を伝えた。

 福知山の課題としては、まちの「核」となるものを明確にし、新しいまち歩きシステムの構築、食や食空間の提供など、特徴的な要素をつくる必要性を訴えた。

 講演のあと、参加者たちとの自由討論会もした。


写真=ゲームのファンを誘客するアイデアも伝えた


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ