WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月12日のニュース

アジア大会パラグライダー初代王者に 岩崎さんら日本チーム

表彰台で喜ぶ日本代表チーム 京都府福知山市駒場新町の会社員、岩崎拓夫さん(35)=日東精工株式会社=が、このほどインドネシアで開かれた第18回アジア競技大会のパラグライディング競技で、金メダルを獲得した。今大会から採用された新競技で、アジア初代王者となった。種目は男子団体戦クロスカントリー。

 パラグライダーで上昇気流に乗って大空を自由に飛び回るスポーツ。クロスカントリーは、気象条件に合わせてコースが決められ、そのコースをいかに短時間で飛ぶかを競う。

 男子団体は8月25日から5日間の全5ラウンドで行われた。各ラウンドを国ごとに5人ずつ飛んで上位4人の成績合計で順位を決めた。日本は初日の第1ラウンドを4位で終えると、徐々に順位を上げていき、4日目の第4ラウンド終了後には首位に躍り出た。

 金メダルをかけて挑んだ最終日第5ラウンドは、天候コンディションが悪く、日本は3選手が途中で着陸してしまう波乱が起きたが、ここで岩崎選手がトップゴールの活躍を見せ、2位ネパールの追い上げをわずかにかわした。
0910iwasaki.jpg
 岩崎選手は「周りに日本選手がいないことは分かったので、プレッシャーになりましたが、最後は攻めの飛びをしてトップを決められて良かった」と最終日を振り返る。

 金メダル獲得について「うれしいの一言です。競技自体が表に出ることが少ないので、今回の成績によって認知度が上がり、競技を楽しむ人、やる人が増えたらうれしい」と笑顔を見せた。


写真上=表彰台で快挙を喜ぶ日本代表チーム(岩崎選手提供)
写真下=金メダルを手に「競技を楽しむ人が増えたらうれしい」と話す岩崎選手

子どもの安全見守るワン 柴犬の「綾香」学童警戒犬に

学童警戒犬の綾香 京都府福知山市三和町千束の渡辺すゑ香さん(91)宅にいる3歳のメスの柴犬・綾香が11日、福知山署から「学童警戒犬」に任命された。渡辺さん宅は細見小学校、三和中学校の通学路にあり、綾香は子どもたちの人気者。登下校時の安全を見守っている。

 飼い主は、渡辺さんの娘で綾部市在住の内田美代子さん(67)。16年の春から、渡辺さんの介護のために実家に戻っており、ほとんど一緒に同町で生活をしている。朝と夕方の2回散歩をしており、夕方は子どもたちの下校時刻と重なることが多く、交流が深まっていった。
 
 これを知った福知山署三和駐在所の木下敦志警部補(39)が、地域住民による子どもの見回り活動への協力を内田さんに依頼し、快諾を得た。
 
■交番型の犬小屋贈る■

 渡辺さんの自宅付近で行った任命式には、地域の人や細見小学校の教員、三和保育園の園児らが参加。木下警部補が手作りした交番の形をした犬小屋と、同署菟原駐在所の松田拓也巡査長の妻・久美子さんが作った「POLICE(ポリス)」の文字入りバンダナと帽子が贈られた。

 さらに、同署地域課長の舟木良二警部が交番型犬小屋の看板を内田さんに手渡した。

 内田さんは「綾香も『うれしい、がんばるワン』と言っています」と笑顔。今後、綾香はバンダナを首に巻き、散歩をしながら子どもたちを見守る。


写真=学童警戒犬の綾香と飼い主の内田さん(右)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ